2018年最後のIPOラッシュ

投資・資産運用

こんにちはとしぞうです。

ソフトバンク超巨大IPOを目前に控え、2018年最後のIPO(新規公開株)ラッシュが12月に集中しています。

 

今年IPOは1本しか当選していませんので、このラッシュの有望銘柄に張り切って応募したいと思います。

 

みなさんも、資金繰りやIPO銘柄の分析など、今のうちに慌てず準備して、有望な銘柄に応募し忘れることがないよう気をつけてくださいね。

IPOについて確認しておきたいことがあれば↓の記事からどうぞ。

IPOでお金を稼ぐ方法~勝率UP!これで勝てなきゃ株やめろ
IPOとはInitial Public Offeringの略で、将来有望な成長性も期待できる会社がどんどん株式市場に上場してきます。ある方法を使って、IPO投資は非常に低いリスクで大きなリターンを見込めるので、楽しくお金を稼ぎましょう!

 

さて、市場環境は現在のところ非常に不安定となっております。

頼みのアメリカ景気も2019年はトランプ大統領の保護主義政策の結果、景気後退期に入るかもしれないですよね。

 

とはいえ、今まで日銀が株を買い支えるという異常な状態が続いていたわけですから、その終焉に合わせて怒涛の売りが入ったのも頷けます。

 

今こそ、来年の相場に備えて投資の総点検をしておきたいですね。

株式投資初心者の心構え〜よくわかる!世界経済と株式会社の基礎講座
株式投資の初心者の心構えはご存知ですか?もし知らないならいますぐこのページをご覧ください。このサイトは忙しいサラリーマンでも、ちょっとしたスキマ時間を使って、同僚よりも○○万円も多く稼ぐ、管理人の理論をすべて無料で公開しています。 

 

今年はファンダメンタルズ分析があまり役に立たなかった印象です。

業績がいい会社なのに、コンセンサスに少し到達しないからといって暴落したり(コンセンサスが意図的に仕組んでいる気さえします・・・。)、コンセンサス通りの結果を出しても、自社株買いなどのサプライズがないだけで、株価が下がったり。

ファンダメンタルズ重視している投資家のみなさんにとって、今年は難しい相場だったのではないかと思います。

 

そして今日は保有している日産自動車株(7201)がカルロス・ゴーン社長の逮捕によって大きく下方向に行ってしましました。(笑)

 

まだまだ安心できない相場が続きますが、年末高シナリオを期待してもうひと頑張り、いい年末年始を迎えられるようかんばりましょう!

 

それでは また!