【2019年版】Googleアドセンス管理画面の見方~これでバッチリ収入アップ

アフィリエイト
スポンサーリンク

う~ん。(-“-)

どうしましたか?おなかが痛いんですか?

違いますよぅ。(笑)アドセンスの収益アップためのデータの使い方が分からないんです…。

そうですか。ではGoogle AdSenseの管理画面の見方を詳しく解説してみましょうか?

スポンサーリンク

Googleアドセンスを理解すれば、いいコンテンツを作ることに集中できる

こんにちはとしぞうです。

今回は、Google AdSenseを始めたなら毎日でも見ていくことになるアドセンスの管理画面をもっと深く分析できるような情報をシェアしたいと思います。

 

アフィリエイトの世界では、様々な指標がありますので、

後発アフィリエイターとしてこれらを理解することは、自分を分析するためにも、ライバルを比較する上でも大変重要なスキルです。

 

この記事を読むと、

アドセンス管理画面の基本的な見方がわかる

ようになるのはもちろんですが、

 

さらに、

データをうまく分析して、収益アップに繋がるアドセンスの設定

についても書いてみたいと思います。

 

それでは早速いってみましょう!

Google AdSense管理画面トップ

まずはGoogle AdSenseにログインして、ホーム画面にアクセスしてみましょう。

Google AdSense

Google AdSense
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

ホーム 収益やクリック単価、表示回数など、アカウント全体の状況を確認できます。
広 告 自動広告や広告ユニット、広告掲載率のテストや管理など様々な設定ができます。
サイト 広告掲載サイトの追加や削除ができます。
ブロックのコントロール アカウント全体やサイトごとの広告非表示設定ができます。
レポート 広告管理に必要なすべての機能や情報を見ることができます。
最適化 広告掲載に関する最適化の提案やテストができます。
お支払い 当月に支払われるべき収益が表示されます。(最低支払い基準額は8,000円です)
アカウント
フィードバック

となっています。

ホームメニューで全体の数字を確認しよう

アドセンスのホームでは、カードごとにデータが分類されています。

まずはこのホーム画面の意味をしっかりと理解できるようにしたいですね。

  • 見積もり収益
  • 残高
  • プラットホーム
  • 掲載結果
  • 最適化
  • 広告ユニット(棒グラフ)
  • サイト(棒グラフ)
  • 国(棒グラフ)
  • 広告ユニット(折れ線グラフ)
  • サイト(折れ線グラフ)
  • 国(折れ線グラフ)
  • 広告ユニット(表)
  • サイト(表)
  • 国(表)
  • 入札方法
  • カスタムチャネル

ホーム画面のカード一覧

それでは個別に見ていきますね。

見積もり収益

アドセンス広告による収益が確認できます。

「レポートを表示」をクリックすると詳細ページに移動します。

確認できる項目は、

 

  • 今日
  • 昨日(下段に対前週比)
  • 過去7日間(下段に対前週比)
  • 当月累計(下段に対前年比)

 

になります。

 

ポイント 数字が伸びている間はサラっと見るだけでもいいですが、頭打ちになってきたら原因を探しましょう。

金額の公表はアドセンス規約違反に抵触しますので、モザイク処理しています。

残高

残高は、振り込まれる前の報酬額です。

「レポートを表示」をクリックすると詳細ページに移動します。

Google AdSenseの最低支払い金額は8,000円以上からなので、まずはここを目指していくことになりますね。

プラットホーム

プラットホームで、サイトにアクセスされている端末ごとの収益を確認できます。

「レポートを表示」をクリックすると詳細ページに移動します。

特にモバイル向け広告については、規約違反に抵触しやすいので広告表示をよくチェックしてくださいね。

WordPress アドセンス初心者が知りたい~効果の高い広告設置方法とは
WordPressアドセンスで大切な広告の設置場所ですが、広告ポリシーに則った広告効果の高い方法を知りたくないですか?今回はアフィリエイト初心者の方でもわかりやすく、詳しくを心がけて解説しましたので、ちょっとしたスキマ時間にでもご覧ください。

掲載結果

掲載結果では6種類のデータを確認できます。

「レポートを表示」をクリックすると詳細ページに移動します。

ページビュー

アドセンス広告が表示された記事が閲覧された回数です。

広告がクリックされたわけではないんですが、ざっくりいうとブログの記事が読まれた数と思っていいです。

ページのインプレッション収益

インプレッションはページビュー(PV)と同じように使われていることもあると思いますが、

正確には「広告が何回表示されたか」です。

 

広告が1回表示されると1インプレッションとなります。

 

Googleアドセンスでは広告がクリックされなくても、一定回数広告が表示されることで収益が発生することがあり、これがインプレッション収益となります。

 

インプレッション広告は、サイト訪問者が増えればそれに応じて増えます。

自分の確認行為で収益が発生すると利用規約に抵触するおそれがあるので注意しましょう!

表示回数

表示回数はページビューとイコールのように見えますが、広告リクエストに対して実際に広告が配信された回数です。

 

わかりやすくいうと、例えば広告を4つ設置しているページが2回表示されたら表示回数は8とカウントされます。

1ページ当たりの広告表示数が多いと表示回数も増えますので、収益は上がりやすくなります。

クリック数

クリック数は広告がクリックされた数です。

CPC(コスト・パー・クリック)

CPCは1クリック当たりのコストを表す指標で、クリック単価とも呼ばれます。

この数値が高いほど、広告主が1クリックに対する支払い額が増えます。

 

広告費を投じる広告主であれば一件当たりの収入は大きくなりますし、逆なら小さくなります。

配信される広告によって変動があるため、あまりCPCに固執しない方がいいかも。

ページCTR(クリック・スルー・レート)

クリック数でページビューを割った数値で、簡単にいうとクリック率のことですね。

 

CTRはアドセンスの重要項目で、サイトの属性にも拠りますがざっくりといえば、

「ひゃくいち」つまり100人が見にきたときに、1クリックしてもらえば高いといわれています。

 

アドセンスアフィリエイトは、アクセスを増やすこと、安定的にアクセスがあるブログを構築することが肝なので、

1%以下の場合はブログ記事と広告がマッチしていない可能性があります

 

このミスマッチを解決するためには、広告掲載率をいじるのがいいかも知れません。

最適化

最適化では、Google先生から収益アップにつながる提案をもらえることがあります。

広告ユニット(棒グラフ)

広告ユニットごとの収益を確認できます。

「レポートを表示」をクリックすると詳細ページに移動します。

当サイトの場合は、CocoonとGoogle先生におまかせ状態なので、細かく分析できる仕様にあえてしておりません。

 

記事の位置ごとに統計を取るなら、Word press管理画面のウィジェットの項目から、アドセンスの広告コードを複数埋め込むといいです。

サイト(棒グラフ)

複数のサイトでアドセンスを展開している場合、それぞれのサイトで発生したアドセンス収益を確認できます。

「レポートを表示」をクリックすると詳細ページに移動します。

国(棒グラフ)

国別のアドセンス収益が確認できます。

「レポートを表示」をクリックすると詳細ページに移動します。

入札方法

入札方法別(クリック単価・CPM・アクティブビューのインプレッション)の収益を確認できます。

「レポートを表示」をクリックすると詳細ページに移動します。

カスタムチャネル

本文中のクリック率がいいのか、それともサイドバーの広告のクリック率がいいのか、それを調べることができるのがカスタムチャネルです。

アドセンス収益アップのためにまずしたいこと

まず広告設定側としてテストしたいことは、広告の表示数を増やすことです。

Googleアドセンス開始から1カ月経過~気になる収入を教えちゃいます
Googleアドセンス収入を効率よく増やすためにどんなことをするべきか?初心者が失敗しやすいポイントやアドセンスの収入アップに欠かせない情報をわかりやすく解説しています。さらにリアルビジネスでも役に立つマーケティングの3つの鉄則についても詳しく…

単純に増やすだけだと逆効果になるかもしれませんので、広告掲載率を調整しながら最適値をテストしていくのがいいと思います。

広告掲載率を減らすということは、アドセンス広告の表示が減るということになりますが、その分単価の高い広告が表示されるようになります

結果として、報酬を維持しながら広告表示を減らせるということになりますので、

 

アドセンス広告をベタベタ貼りながらも、単価の低い広告が表示されるせいで収益が悪化しないようにGoogle側で最適化してもらいましょう。(笑)

アドセンスを始めたばかりなら、トラフィックが少ないため…と表示されますが、「テストを設定」したあとに「自動的に優位なパターンを選択しますか?」をONにしておけば、テスト結果のいい方の設定に自動で戻るので安心です

まとめ

今回は、Google AdSense管理するために必要なデータの見方の中でも、特に重要なものについてお話させていただきました。

 

アドセンスの場合、結論はいつも「アクセスアップが最善手」なので、このページをブックマークでもしてもらって、わからなくなったらまた見に来てもらえるとうれしいです。

 

それまでは「コンテンツ最優先」で頑張ってもらえれば、かならず収益はついてくると思いますので、よろしくお願いします。

 

それでは また!

コメント