2019年測量士補試験解答速報~初受験結果報告

資格取得

2019年測量士補試験を受験された皆様。大変お疲れ様でした!(/・ω・)/

こんにちは としぞうです。

まずは、本題の解答速報から行きますので、じっくりと確認下さい。

令和元年測量士・測量士補 試験日

2019年5月19日(日)

令和元年測量士・測量士補 合格発表日

2019年7月9日(火)

合格基準

測量士補

1問25点で450点/700点以上で合格(18問/28問)

スピード解答速報

問題NO回答
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

 

大事な休日を使って試験に臨まれた皆さんにいい結果がお届けできたなら幸いです。

測量士補初受験~僕の受験結果

僕は今回初受験でした。昨年行政書士試験も受けているので、試験前の体調管理や勉強法については反省点も踏まえながら取り組めたと思います。

 

平成31年度(2019)測量士補試験 申込みをする~大阪編
独学1発合格で測量士補におれはなるっ!サラリーマンだろうがおっさんだろうが試験突破を目指してやるときゃやります。ということでまずは申込みを確実に行わなければ始まりません。測量士補の受験願書はちょっとややこしいのでこのページで詳しく解説します。大阪在住の方は必見

 

【初学者向け】測量士補テキストはこれ1冊でOK【結論】
測量士補を初めて受験するとき、まったくの初学者でも「これ1冊でOK」な、わかりやすいテキストを見つけました。測量士補は計算問題を解かなければ合格が難しいのですが、小4で算数を諦めた僕でも理解できるよう書かれているので、ちょっと計算が苦手な人でも、合格への自信が深まるハズ!

 

特に元号変更に伴う、5月の超大型連休で1日10時間以上の追い込みを行ったおかげで、試験当日の朝はゆっくりとした気持ちで迎えることが出来ました。

 

肝心の試験結果ですが、回答速報と照らし合わせてみると、なんとか23問/28問中で合格見込みをゲットすることができました。

 

小学校4年生で算数を諦めてから約26年…。測量士補で最低限必要とされている「分数の掛け算割り算」、「比」、「三角関数」も全くできない状態からよくここまでこれたなと思います。

ちなみに直近まで、3ケタのひっ算?も余裕で間違う危なっかしさでした。(笑)

 

 

昨年行政書士の試験に落ちた時は「もう年齢的になにをやってもダメかも知れない…」と勉強した時間が無駄になったと感していましたので、嬉しかったわけですが…。

 

測量士補試験会場の雰囲気

会場は意外にも「若い学生の比率が高く」、最近は意識の高い学生も多いんだなぁ。と試験会場で感心していました。

 

案の定、試験時間の半分程度で訪れる「早期退席」のタイミングで若い学生たちは一斉に帰って行ったのが印象的でした。

 

もちろん僕は時間ぎりぎりまで粘って、分からない問題でも消去法や過去の出題のクセ、出題者の意図を読み取ろうと必死でした。(笑)この辺は過去問を繰り返しやってきたことで、ラッキー正解をいくつか選択できました。

まとめ

今回、残念ながら不合格だった方も、来年あきらめずに受験して合格を手に入れて欲しいと思います。

 

僕の学習方法は、テキストの小冊子をある程度読み込んだ→過去問集(3周以上)→途中で間違ったり、完璧に理解できていない場合は動画を見る。を繰り返しただけです。

 

基礎知識がある人ならば、1週間…。いや少なくとも2週間本気で勉強すればかなり高い確率で合格ラインまでいけるはずです。

 

当ブログの関連記事がまたあなたのお役にたてれば幸いです。

それでは また!

コメント