【Windows 10】おすすめの無料アンチウィルスソフト3選

節約

アンチウイルスソフト 2018年最新情報

快適なPCライフ!しかもPCの容量を圧迫しない

こんにちはとしぞうです!

OSがWindows 10であれば、標準で入っているセキュリティソフトがあるのはご存知ですか?

それは、WindowsセキュリティWindowsファイアウォールといいますが、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

もう知っているよ。

という方は読み飛ばしていただいて、まずはそれぞれの機能をおさらいしておきましょう!

Windows 10標準のセキュリティ機能がある

  1. Windowsセキュリティ
    リアルタイム保護機能とウイルス・マルウェアから守る。(マルウェアとは、悪意のあるコンピューターウイルスや勝手に広告を表示する迷惑ソフトのこと)
  2. Windowsファイアウォール
    PC内部から不正のデータ持ち出し保護や外部からの攻撃から守る。

標準搭載されているこれらのセキュリティ機能も有能なんですが、標準装備のセキュリティなので、どうしても攻略されやすく、ウイルスソフトやハッカーの攻撃対象になりやすいと言われています。

 

もちろん、きちんと設定しておくことに越したことはないので、まずはこの基本ソフトの動作をしっかり確認してからから+αの対策をしましょう。

標準機能の内容

  1. ウイルスに感染したファイルをPCに入れさせない(リアルタイム保護)
    インターネットからのダウンロードや、USBメモリーのファイルコピーをして感染することを防止します。
  2. ウイルスを活動させない(リアルタイム保護)
    ウイルスがPCのシステムファイルの書換えやおかしな動きをする時に被害が拡大しないように、動作を停止したり、他のファイルに感染しないようにする。
  3. すでにPCにあるファイルが感染していないか調べる(スキャン機能)
    PCに取り込んだ時には問題ないと判定されても、後からスキャンし直したらウイルスだったという場合もあります。
設定を確認する
Windows セキュリティ

トップ画面の左下の「設定」をクリックし、「更新とセキュリティ」を選択。

 

「Windows Defender セキュリティ センターを開きます」からリアルタイム保護が有効になっているか確認します。

 

もし、リアルタイム保護がオフになっている場合は、「ウイルスと脅威の防止の設定」をクリックしてリアルタイム保護をオンにすればOKです。

Windows ファイアウォール

「Windows セキュリティ」をクリックして、ファイアウォールとネットワーク保護を選択。

 

すべて「有効」になっていれば問題なしです。

 

ソフトのダウンロードがうまくいかない時に、一時無効化するときは、トップ画面の左下の「設定」をクリックし、「Windows システムツール」→「コントロールパネル」を選択。

 

「システムとセキュリティ」をクリックし、「Windows ファイアウォール」を選択。

 

「ファイアウォールの有効化・無効化」をクリックすれば、現在の状態が確認できます。

 

一時的にファイアウォールを無効にしたあとは、必ず有効に戻すようにしてくださいね。

無料アンチウイルスソフト人気TOP3

まずは無料で試してみてから、有料版に切り替えるのもいいと思いますよ。

AVG(オランダ)

AVGアンチウイルス無料版 ダウンロード | 無料ウイルス対策ソフト
数多くの受賞暦を誇る AVG アンチウイルスを無料で今すぐダウンロード!

インターネットのリンク先やメールのスキャンと、ファイルを完全削除できる機能が人気の無料ソフトです。

Windowsにも完全対応していて、メニュー画面もわかりやすく、フルスクリーン時の「ゲームモード」、コンピュータに合わせてスキャン負荷を変更できる「スキャン処理優先度」、毎日 / 毎週 / 毎月の定期スキャンを行える「スケジュールスキャン」が使えます。

デメリットは初期設定に注意が必要(6種類あるスキャン方式に対して「感染ファイルをどうするか」設定する必要があり、最初の状態では「永久削除する」が選択されている)でよく確認しないといけません。

Avira Free Antivirus (ドイツ)

アンチウイルスを比較して購入 – Avira Store
Windows PC 用のアンチウイルスを比較してベストなものを購入 Android 用の VPN とアンチウイルスで、セキュリティのレイヤーを追加。すべての製品を見る。

クラウド技術を利用して「検出率99.99%」

未知のウィルスに対しても高い検出能力がウリのAviraです。リアルタイム保護でウィルスに感染しているファイルのダウンロードをブロックしてくれます。

ファイアフォールはWindows標準のものを使いますが、Aviraのメニュー画面からオン/オフの操作できるので便利。

 

デメリットは操作画面がひと昔前な感じと、若干重くなることですが、シンプルが好きな人に向いてます。

AVAST/アバスト(チェコ)

Windows 10 対応アンチウイルス | 無料ダウンロード | アバスト

メールを登録するだけですぐに使えるアンチウイルスソフトavast(1年経過後も、再登録するだけで継続利用OK)マルチデバイス対応で非常に優秀なソフトです。

わかりやすいメニューに加えて、軽さも人気の秘密。
ウィルス以外にも、古いソフトウェアが問題を起こしていないか、ネットワークの脆弱性、PCのパフォーマンスの問題も調べることができます。

 

デメリットはちょいちょい表示される「有料版」の広告でしょう。(頻度は少なめ)

「性能が低いから無料じゃないの?」

でも、無料って機能的に大丈夫なんですかね?

ちなみに有料と無料の違いは知っていますか?

え〜。有料の方がなんか凄そうっていうか…。

軽くおさらいしておきましょうね。

意外と見落とされがちなポイントですが、無料ソフトのほとんどに「有料版」があります。

 

この有料版は「無料で提供している」ウイルス検出エンジンや除去機能をベースに便利な機能(たとえば設定した日時に自動スキャンしたり、ゲーム中に通知OFFにするゲームモードなど)を追加して利用できるようになっていますが、基本のエンジンは「無料版」のものを使っていますので、基本機能が大幅に劣るということはありません。

 

そもそも、ソフトの提供は有料版への誘導を目的としているので、その前に見込み客のPCがウイルスに感染しては意味がないからです。

【おすすめ】ファイアウォールも含んだ総合セキュリティ
KING SOFT Internet Security(中国)

KINGSOFT Internet Security 2017
Android専用セキュリティアプリはこちら 全世界のユーザー数は1億人! 日本以外の国でも使用されているセキュリティソフトです。 KINGSOFT Internet Securityは、日本・中国・タイ・ベトナム・ホンコン・ブラジル・オーストリア・アメリカ・イギリスなど 世界9箇所...

KING SOFTが提供しているセキュリティソフトで、ファイアウォールを含んだ機能が使えます。ファイアウォールの機能とは、PC内部から不正のデータ持ち出し保護や外部からの攻撃から守ることでしたね。

実は、最初の3つの無料ソフトにはファイアウォールを含んでいません。(Windowsの基本ソフトでまかなっています)

フル装備で使えるソフトはセキュリティ面でも貴重です。

 

デメリットは、広告表示・ツールバーのインストール、ブラウザの変更が必要で、余分なものを入れたくない場合はご注意を。

まとめ

Windowsの基本設定を確認する。

  • Windowsセキュリティ
  • Windowsファイアウォール

今回紹介したウイルス対策ソフトをプラスアルファで追加する。(いくつも入れるのは、PCが重たくなる原因になるので、おすすめしません)

  1. AVG(オランダ)
    AVGダウンロードページ
  2. Avira(ドイツ)
    Arivaダウンロードページ
  3. AVAST(チェコ)
    AVASTダウンロードページ

+.KING SOFT(中国)
KING SOFTダウンロードページ

無料のソフトでも、有効に使えば大切なPCをウイルスからしっかり防御できるので、もしソフト選びでお困りの際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

では!

コメント