WordPressでアドセンス審査用コードの正しい設置方法(Cocoon編)

アフィリエイト

ブログ記事も着々と増えてきたし、そろそろアドセンスに申請してみたいのですが…。

それはいいですね。ブログの収益化(マネタイズ)の第一歩として是非やってみましょう!

申請の方法ってむずかしいですか?

いえいえ。ここまでやってこられたならなんてことはないですよ。

スポンサーリンク

実録!初心者ブロガーがGoogle先生に広告の許可をもらうまで

みなさんこんにちはとしぞうです。

2018年12月4日にGoogle AdSenseの審査をパスすることができました!(*‘∀‘)

完全初心者のぼくが「PCの力学」をスタートさせたのが2018年のゴールデンウィークからなので、やっと半年ほどたったところです。

 

はじめはどうなるものかと思いましたが、投稿記事が増えるにつれ、サイトに来ていただける方も徐々に増え、皆様のおかげで「ブログを収益化させること」のスタートラインに立つことができました。

 

この場を借りてお礼申し上げます。いつも見に来ていただいて本当にありがとうございます。m(__)m

30記事でGoogle AdSenseに申請~ダメもとでチャレンジ

アドセンス審査基準に絶対はないとのことですが、およそ30記事(各記事は3000字程度)のコンテンツが必要になるといわれています。

 

カンのいい人や手が早い人なら、1カ月もあれば十分審査基準に達するコンテンツを作れると思いますが、ぼくの場合は試行錯誤や寄り道をしている間に半年を費やしてしましました。(笑)

 

もちろんそれよりも少ない記事で審査をパスするかたもいらっしゃるでしょうし、もっとたくさん書いても審査したらダメだったという方もおられるようですね。

 

Googleとの付き合いには細心の注意を払う必要がありますから、これから収益化を目指すあなたのために必要な情報をシェアしたいと思います。

 

まず、ブログの方針を決めるときに「アドセンス広告で稼いでみたい」と思ったなら、一番最初に確認しなければいけないのが、Google AdSenseの規約です。

 

理由は、どれだけたくさん記事を書いても規約違反の内容では絶対に審査に通らないから。

 

だからブログの方針が決まっていないなら、↓の記事も読んでみてくださいね。

グーグルアドセンス~審査の前に知っておきたい17の規約違反
グーグルアドセンスの広告を貼ってブログ収益化したいと思ったら、避けて通れないのがGoogleによる審査です。審査には無料ブログが使えなくなったので、ドメインとレンタルサーバーを準備しないといけません。また、サイトの内容も規約違反にならないように工夫しましょう 

さて、ぼくのワードプレスのテーマはわいひらさんが作って無料公開されているCocoon(コクーン)というものを使わせてもらっています。

 

これが非常に秀逸でして、アドセンス審査に必要なタグの張りつけもワンタッチでできるので、ネット初心者のぼくでも扱いやすく、問題なく設置することができました。

 

ユーザーの意見をとことん反映させたというだけあって、今のところ見た目も使いやすさも最高ですよ。( *´艸`)

ある程度コンテンツがたまってきたら~申請の手順

申請にチャレンジできるくらいのコンテンツになってきたら、Googleにアクセスして申請用のタグをゲットしましょう。

アカウントがない場合は、アカウントを作ってくださいね。

Google AdSense - Make Money Online through Website Monetization
Use Google AdSense to make money online by placing ads on your website and YouTube channel. Start monetizing your website with Google AdSense today.

 

アカウントを作成していろいろと情報を入力したら、審査用コードをコピーし<head></head>の間に設置するようにいわれたはずです。

 

一番簡単に解決する方法は、「Cocoon設定」>「アクセス解析・認証」タブを開いて、

 

その他のアクセス解析・認証コード設定の「ヘッド用コード」の部分にアドセンス審査用コードを張りつけて、「変更をまとめて保存」をクリック。

 

この方法が一番簡単ですが、ほかにも管理ページの「外観」>「テーマの編集」をクリック。

子テーマの編集画面右下の「tmp-user」>「head-insert.php」をクリックします。

 

最終行には「<?php //ログインユーザーも含めてカウントする場合は以下に挿入 ?>」と表示されているはずなので、12行目以降にアドセンス審査用コードをコピペして「ファイルを更新」することで同じ結果になります。

どちらの方法でも申請用コードを張りつけることができたら、Google AdSenseのサイトに戻って申請を開始しましょう!

 

通常は申請後1日程度で返事が来るそうです。ぼくもそうでした。

アドセンスが承認されれば、ブログをもっともっと盛り上げることだけに集中することができますよね。

Google AdSenseが承認されたらやること

すぐに広告を設置してみましょう。Cocoonなら簡単に広告表示設定ができます。

 

まずは、Google AdSenseにアクセスして「広告」>「広告ユニット」>「+新しい広告ユニット」から「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択します。

 

管理しやすい名前を付けて、「レスポンシブ」を選択し「保存してコードを取得」

ここで表示されたタグを申請時にCocoon設定で張りつけた位置にコピペし、「変更を保存」すればOKです。

 

Cocoon(コクーン)のGoogle AdSense設定はレスポンシブ広告のコードが必要です。自動広告などの他のコードでは、正しく表示されませんのでご注意を。

【重要】絶対に自分で広告クリックしないこと

広告を張りつけたら、きちんと表示されているか確認したいですよね?

 

でも、絶対に見るだけにしてください。間違ってもクリックしてはダメですよ!

 

「何で」って?

 

Google AdSenseの利用規約には「自己クリックの禁止」があるからです。

これは広告を設置た瞬間から責任が発生しますので、違反すれば広告停止になっても文句はいえません。

 

ということで、一度表示を確認したらしばらく放置することをおすすめします。

 

放置している間に、うっかりクリックしないようにPC用とスマホ用の便利なツールもご紹介しておきますね。

Google Publisher Toolbar (PC用自己クリック防止策)

ブラウザがGoogle chromeの方が対象になりますが、Google Publisher Toolbar【無料】という拡張機能を使って自己クリックできないようにできるツールです。

Google Publisher Toolbar
View data on your AdSense, Ad Exchange, and DoubleClick for Publishers ads and accounts, and block unsuitable ads on your site.

ブックマークバーの一番左にある「アプリ」>「ウェブストア」に移動して、検索するとGoogleサイト運営者向けツールって表示されますので「chromeに追加」をクリック

 

アプリを開いてGoogle AdSenseを有効化して、右下の「広告オーバーレイ」をONすることで、自分のサイトに表示された広告が緑色になって、広告主のサイトにはいけないようになります。

 

しかも、この状態でクリックすると、広告ごとの実績や広告主に問題報告することもできる優れものです。

Ad Filter(スマホ用自己クリック防止策)

うっかり自己クリックしてしまいそうなのは、PCよりもむしろスマホの方なので、しっかり対策することをおすすめします。

 

ぼくはAd Filter【もちろん無料】はというアプリを使ってスマホ広告を非表示にしています。

‎AdFilter - Safariを快適にする広告ブロックアプリ
‎** Safariを快適にする日本向け広告ブロックアプリ ** ・お邪魔な広告をWEBサイトから簡単除去 ・通信ごとブロックするから通信量削減&ページ表示が高速に ・好きなサイトの広告を復活できるサイト別設定機能を搭載 ・ブロックルールを自分で作成できるカスタム機能を搭載 ◆ このアプリについて ◆ AdFilte...

 

iPhoneでの設定方法は「設定」>「Safari」>「コンテンツブロッカー」>「Ad Filter」をオンにすれば、スマホで表示される広告を非表示にすることができます。

PCとスマホの対策はこれでOK!利用規約に違反しないような体制になると思いますので、メンテナンス時以外は常時設定でもいいような気がします。(#^.^#)

Googleアナリティクスで自己アクセスを除外するには

3分で簡単に設定できますので、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

Google Analyticsでアクセス数を正確に知る方法~自分のアクセス除外
自分のアクセス数がカウントされてうっとうしい…。Googleアナリティクスを使っていてそんな経験はありませんか?今回はその悩みをたった3分で解決する方法をご紹介しております。とても簡単ですので、設定はお早めに…。

まとめ

  • Google AdSenseの利用規約をよく読んで、コンテンツの方向性を決めよう
  • コンテンツの方向性が決まったら、審査をパスできる質と量のコンテンツを作ろう
  • Googleアカウントを作成して、審査用コードを取得しよう
  • コードを正しく設置して、審査を依頼しよう
  • 審査にパスしたら、広告を設置して正しく表示されるか確認しよう
  • 自己クリックで規約違反にならないように対策をしておこう

 

ということで、Google AdSenseの収益化までを実際にやってみました。

 

新しいステップに来ましたので、またまたいろいろな問題にぶちあたることと思いますが、仮説と検証を繰り返していいサイトに育てたいと思います。

 

それでは また!