2018年5月19日

G-TUNEのゲームPC購入画面を解説していくよ!

管理人の画像
ぼく

G-TUNEもなかなかカッコええですね〜。mousePCは中・上級者向けと書いてましたが、どう違うんですか?

師匠の画像
お師匠

それは、マウスとかキーボードとか基本的なものは標準装備ではないことや、もっと細かい指定ができるぞい。

管理人の画像
ぼく

へ〜。またお師匠さんにお世話になってもいいですか?

師匠の画像
お師匠

もちろんじゃ。詳しく説明するので、しっかり聞くのじゃぞ

1.mouse公式サイトを開く
ゲーミングPC【G-Tune】公式

公式サイトを開いたら、ゲームPCをクリックします。

今回の目標は、価格はドスパラで選んだものになるべく近くしつつも、ゲームが快適にプレイできるようなスペックに仕上げたいと思いますので、

フルタワー型のデスクトップゲーミングPC「MASTERPIECE i1630SA1」で検証します。

「カスタマイズ・お見積」をクリック

Windows10搭載モデルです。赤のアクセントがカッコいいですね。

個人で使うので、リサイクル料金が購入代金に含まれます。

サポートサービスは、毎月課金型ではなく掛け捨て型なので分かりやすくて好感が持てますね。

専用ダイヤル・即日修理などのサポートを必要とする場合は、ここで決めます。

OSのHomeとProの違いは「ドスパラのPC購入画面を解説するよ!」で解説しております。

モニターは今回なしで いくらになるか検証しますが、モニターが必要な方はここで選択しましょう。

翌営業日出荷に2,000円が必要なのでしょうか?(◯mazon◯ライムによく似たサービスですね。余談ですが、ぼくは◯mazonで購入したものが、約2ヶ月届かなかったことがあります。その時は流石に◯ライムにしておけば良かったと思いましたが…。)

表計算などのOfficeソフトについては、個人的に仕事でも使うので必須ですが、MSは値段が高いので、互換性のあるKINGSOFT WPS Officeが安くておすすめです。

ウィルス対策ソフト必須ですが、標準が60日の体験版なので、はじめにどのソフトを使うのか決めた方が良さそうですね。

CPUはパソコンの頭脳なので迷わず「賢い子」を選びます。

CPUファンはドスパラPCと同等の12cmファンを選びます。
グリスは効果があまりわからないので、後から自分で塗るといいでしょう。

メモリは16GBあれば十分ですね。

電源は700Wからと、さすがゲーミングPCという感じです。(ゲームによっては相当な負荷がかかるので、電源は大きい方が安定します)

DVD光学ドライブは、はじめから付いていないようですね。
ブルーレイまでの装備は人によって違うと思いますが、DVDのマルチドライブがあったほうがなにかと使い方の幅が広がりますので、装備します。

M.2(エムドットツー)は高速のデータ転送を可能にするスロットルで、ストレージに連続してアクセスするような負荷のかかる動作を多く行う場合に適しています。

反面、大きな電力を必要とするほか発熱もするので、しっかりした冷却対策を検討する必要があります。

SSDは500GBに変更。ハードディスクが3TB標準とはすごいこだわりを感じますね。

外付けストレージは、後からいくらでも増設できるのでなし。

データ復旧サービスは、万が一に備えライセンス購入するものです。心配な方は加入しておくといいでしょう。

拡張カードは、お好みで追加してください。

ケースはノーマルで十分とは思いますが、カッコよさを追求するならガラスパネルもいいかもしれませんね。(ショップで実物を見てきましたが、クリアはめっちゃ良かったですよ!)

HPや画像を編集する予定があるなら、最初からフォトショップ付きを選べます。

パソコン引越しソフトは必要なかったので、なしで。

Windows Helloは、目で見たり、タッチするだけで、PCにサインインできる機能です。

パスワードを入力することなく、企業で採用されるレベルのセキュリティが使えるように、指紋リーダーか顔認証のカメラが必要になります。

キーボードは標準で付いていないので、1番安いタイプを選択しておきます。

マウスも標準では付いてないので、1番安いゲーミングマウスを選択。

ここから下はいろんなオプションが選べますが、今回は「必要最低限なものを全て購入した場合いくらになるのか?」を検証したいと思いますので、その他の付属品はすべて「なし」にします。

お疲れ様でした!選択項目は以上で終了です。

他のゲーミングPCメーカーと比較しても何ら遜色がない内容の濃さでした。
さて、「カート内容の確認に進む」をクリックして、いくらになったのか見てみましょう。


シメて218,646円になりました。

なかなかのスペックの割に、合計金額は安い印象でしたね!

あとは支払い方法を選んで…

送り先情報を入力すれば、2〜3日で到着しそうですね。

まとめ

主なスペック

モニター なし
OS Windows10 Home 64ビット
オフィスソフト KINGSOFT WPS Office
CPU インテル(R)Core(TM)i7ー8700K プロセッサー
メモリ 16GB
電源 700W
SSD 500GB
HDD 3TB
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1060
マザボ インテル(R)Z370 チップセット
マウス あり
キーボード あり

追加したもの

 オフィスソフト KINGSOFT WPS Office
 CUP インテル(R)Core(TM)i7ー8700K プロセッサー
 CUPファン 12cmファン1基
 光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
 SSD 500GB
 キーボード あり
 マウス あり

総額218,646円(消費税・送料込み)

あとはモニターがあればすべて揃う感じですが、相当な数のラインナップがありましたので、今回の会計の中には入れませんでした。

概算で2万円くらいのモニターとアームを揃えると、合計金額は24〜5万円程度で収まる計算になると思います。

G-TUNEは電源とハードディスクにこだわりを感じました。反面、グラボが少し弱い印象なのでパワーアップしてもよかったかな?と思いました。