株の売却益に掛かる税金対策~絶対に知っておきたい○得情報

投資・資産運用
スポンサーリンク
おすすめ証券口座はコレ!お得なキャンペーンも実施中です!
新機能続々 Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】
超ガチンコ 《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信
ポイント投資OK 証券口座開設と同時に年会費永年無料の楽天カード

そういえば、株の税金ってどうなってるんですか?

もちろん利益が出れば確定申告しなければいけませんね。

じゃあ、利益が出なければ確定申告しなくていいんですか?

いえいえ!損が出たときこそ確定申告が活きてくるんですよ!

スポンサーリンク

2018年も株取引で利益が出そうです

みなさんこんにちは!としぞうです。

今回は、株式投資にまつわる税金について詳しくお話していきたいと思います。

 

まず大前提として、株で儲けたら利益に対して税金を払わないといけませんし、株で損をしたら確定申告で節税することができます。

 

また、サラリーマン投資家で絶対に会社にバレたくないという人も多いと思います。(ぼくも同じです)

 

このブログを最後まで読んでもらえれば、その辺の対応策も分かるように書いてありますので、よろしくお願いします。

もし、確定申告をしなければ税務署から追徴課税が課されますので、かならず申告するようにしてくださいね。

株の利益確定日に年間所得が決まります

株は、1年の締めくくりの日の取引をもって年間所得が決まります。

 

税制上は、受け渡し日がベースとなりますので、平成30年(2018年)の最終取引(約定日)が、12月25日(火)、受け渡し日が12月28日(金)までの取引で出た利益が課税対象になります。

 

利益を翌年に持ち越したり、損失を確定させたりすることで節税できますので、最終取引日までに方向性を決めておくことも大事です。

PTS取引ナイトタイム・セッションの場合は、約定日が12月21日(金)、受渡日12月28日(金)です。特定口座では、受渡日ベースで損益が計算されますが、一般口座では確定申告の際に、約定日ベースでの計算が可能な場合もあるようなので、詳しくは税務署に確認して下さいね。

税金の対象外になる人(確定申告の必要なし)

サラリーマンや主婦にとって、確定申告はややこしそうと思ってらっしゃる人も多いと思いますが、そもそも投資をしていても確定申告の対象外になる場合もあります。

  • 1年間で得た利益が配当金のみ
  • NISA(ニーサ)口座だけの売買
  • 源泉徴収ありの特定口座のみで売買
  • 譲渡所得が20万円以下の会社員または公務員

配当利益のみ

1年間で得た利益が配当金のみの場合は、配当金を受け取るときに源泉徴収されて口座に振込まれますので、確定申告は基本的に必要ありません。

取引はNISAのみ

NISA(ニーサ)口座はもともと税金が不要{非課税}なので、例え売買益がたくさん出たとしても、確定申告も納税もしなくてOKです。

源泉徴収ありの特定口座のみ

源泉徴収ありの特定口座のみで得た売買益については、証券会社が本人の代わりに納税してくれますので、確定申告は必要ありません。

譲渡所得が20万円以下の会社員または公務員

譲渡所得も含めた「給与や退職所得以外の所得」が20万円以下の場合には確定申告は必要ありませんが、これには条件があって、

年収2,000万円以下
給与をもらっているのは1社だけ
給与や退職金以外の所得(株で以外も含んだ合計)が20万円以下

 

の人が対象になります。

源泉徴収ありの特定口座のみで売買していれば、所得税も住民税も証券会社が代わりに納税してくれます。

もしそうでない場合は、確定申告が必要ない方でも住民税については提出期間内(2月初旬~3月中旬)に、各自治体所定の住民税の申告書を提出する必要がありますのでご注意ください。(利益が20万円以下でも!)
住民税は【今年の収入×税率】で計算されて翌年に払うタイプの税金です。前年の収入が多いほど、税負担が多くなります。

確定申告すれば節税できるパターン

  • 配当利益のみ
  • 損が出たとき

配当利益のみ

さっきも出てきましたが、1年間で得た利益が配当金のみの場合は、配当金を受け取るときに源泉徴収されて口座に振込まれますので、確定申告は基本的に必要ありませんが、

 

所得が少ない人の場合は、配当金の確定申告の際、総合課税を選ぶことで「配当控除」を受けられ、税率も低くなります。

 

総合課税とは、配当利益を株としてではなく、給与所得や雑所得と同じ扱いにして所得税として税金を払う方法です。

この制度を利用することによって、源泉徴収された金額からお金を返してもらうことができるのです。

課税される所得金額 所得税率 源泉徴収税率
195万円以下 5% 20.315%
195万円~330万円以下 10% 20.315%
330万円~695万円以下 20% 20.315%
695万円~900万円以下 23% 20.315%
900万円~1,800万円以下 33% 20.315%
1,800万円~4,000万円以下 40% 20.315%
4,000万円~ 45% 20.315%

(2018年12月現在)

課税される所得金額とは、会社からもらう源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」から「所得控除額の合計」を引いた額で、配当所得とは、収入金額(源泉徴収税額を差し引く前の配当金額)から株を取得するための借入金の利子を引いた額です。
総合課税を選んだとき、損益通算はできませんのでご注意ください

総合課税を選んだ場合は、所得税+復興特別所得税(所得税の2.1%)と住民税10%の3つの合計に課税されますので、それが20.315%より少なければ総合課税にメリットがあります。

 

さらに配当金に掛かる所得税から10%と住民税から2.8%の控除制度を受けたときの控除後税率を適用して23%(年収695万円以上)で計算してみると、

 

(23%-10%)+(23%-10%)×2.1%+(10%-2.8%)=20.473%

 

となるので、所得金額が695万円以下なら、総合課税のほうが源泉徴収より低くなり節税できることになります。

配当金より株の損の方が大きいときは、配当金と損益通算すれば税金が0円になって、より節税効果がでます。

損が出たとき

株取引で損が出たときは、確定申告をして損益通算と損失の繰越控除を利用して、節税できます。

 

損益通算とは、株取引で出た利益と損失を相殺して税申告することです。

2つ以上の証券口座で取引があり、一方で利益・一方で損失が出た場合に損益通算できます。

 

S社証券口座 年間100万円の利益が発生
M社証券口座 年間100万円の損失が発生

 

確定申告をしなければ、利益が出たS社の利益から20.315%の税金が引かれてしまいますが、確定申告すればM社の損失100万円と相殺できて損益が0円になりますので、税金は払わなくて済みます。

しかも、損失と相殺できるのは譲渡益だけじゃなく、配当金とも相殺できるので、より節税効果が高まります。

 

では、次の場合はどうでしょうか?

 

S社証券口座 年間50万円の利益が発生
M社証券口座 年間100万円の損失が発生

 

50万円の損が発生していますので、確定申告をすれば、今年の税金は当然掛かりませんが、翌年以降3年間、マイナスを繰り越すことができます。

どういうことかというと、たとえば翌年に25万円の利益が発生したとしましょう。
すると、前年に確定申告をしていなければ、

  • 25万円×20.315%=50,787円

の税金が発生しますが、前年に50万円の損を確定申告していると、

 

  • 25万円(1年目の利益)-50万円(前年の損)=0円

となり、税金は掛かりません。

 

さらに翌年に20万円の利益が発生しても、確定申告しておけば

 

  • 20万円(2年目の利益)-25万円(前年の損益通算の残り)=0円

で税金は掛からず、

 

さらにさらに翌年に5万円の利益が発生しても、

 

  • 5万円(3年目の利益)-5万円(損益通算の残り)=0円

と株のマイナスは最大3年間先送りにできるのです。

損益通算をするためには、毎年欠かさず確定申告しなければいけませんが、株で儲けようとする以上は、確定申告をきっちりマスターしておくことに損はありません。最初は大変かも知れませんが、節税のためにも頑張って申告しましょう!

会社にバレないための対策

マイナンバー制が始まったことで、会社にバレるんじゃないかとヒヤヒヤされているサラリーマンの方も多いと思います。

 

だいたい副業がばれる原因は住民税にあるのをご存知でしたか?

 

特定口座(源泉徴収あり)で取引していれば、証券会社が源泉徴収で所得税と住民税を納めてくれますので問題ありませんが、特定口座(源泉徴収なし)や一般口座、源泉徴収ありでも【損益通算】する場合は、確定申告の際に住民税の納付方法を、

 

普通徴収(自分で納付)にするにチェックして申告しなければいけません

 

この項目をスルーして特別徴収にしてしまうと、給料から天引きするために税務署から副業分の住民税額が会社に通知されますので、経理が見たらすぐバレます。(―_―)!!

逆にいうと、ここをきちんと押さえればマイナンバーでバレることはないともいえますので、気を付けましょう。

大事なことなので2度いいますが、確定申告が必要ない方でも住民税については提出期間内(2月初旬~3月中旬)に、各自治体所定の住民税の申告書を提出する必要がありますのでご注意ください。(利益が20万円以下でも!)
スポンサーリンク

まとめ

今回は株の売却益に掛かる税金対策についてお話しました。

  • 株の利益確定日に年間所得が決まること
  • 税金の支払いが不要な人
  • 確定申告をすべき人
  • 確定申告をしたほうがお得な人
  • サラリーマンで注意したい住民税の申告方法

 

この内容さえ押さえておけば、あとはガンガン株で利益を出すだけですね。(笑)

 

それでは また!