【無料】パスワードを厳重に管理するツール

雑記帳

Last Pass/ラストパス

Last Passは、IE(Internet Explorer)や、Mozilla Firefox、Google Chrome、Opera、Safariのプラグインとして利用可能な(他ブラウザ向けにLastPass Password Managerのブックマークレットもあります)パスワードマネージャーです。

たった一つのマスターパスワードを厳重に管理するだけで、普段ログインに使うIDやパスワードを安全に管理することができるうえ、登録数などに制限がないので、無料でも非常に使い勝手の良いツールです。

 

登録までの流れは以下のようになっています。

①公式サイトにアクセスする

LastPass|パスワード マネージャ、自動フォーム入力、ランダム パスワード ジェネレータ、安全なデジタル ウォレット アプリ
パスワード マネージャ、自動フォーム入力、ランダム パスワード ジェネレータ、安全なデジタル ウォレット アプリ

②トップページから「Last Passを入手」をクリック

 

③「拡張機能を追加」をクリックすると、プラグインに追加されます。

 

④右上に追加されたアイコンをクリックする。

 

⑤連絡用のメールアドレスを入力し、ラジオボタンにチェックを入れます。

 

⑥一番重要な「マスターパスワード」を入力します。

 

※このマスターパスワードが簡単だと致命的!複雑なモノを設定しよう。
(ただし、このパスワードを忘れると取れる手段がほとんどなくなるので要注意)

強力なパスワードを自動生成するなら、LUFTTOOLSがおすすめ。

パスワード生成(パスワード作成)ツール
パスワード生成(パスワード作成)するweb・ウェブ制作に役立つ便利ツール。お好みのパスワードを生成(自動作成)することができるツールです。

・下段に同じパスワードを入力して・・・

 

・ヒントを入力します。(僕の場合は、ノートにも保存してあるので「NOTE」としました)

 

⑦チュートリアルをサクッと終わらせれば、導入完了!

 

⑧あとは、厳重に管理したいサイトのログイン画面に行って各項目を入力し、ログインすると(覚えさせる前に再度右上をクリックして、マスターパスワードを入力する場合もあります)

・IDやパスワードを覚えますか?と表示されるので「追加」をクリック。

ワンポイント 必要なサイトを覚えさせたら、現在のパスワードの強度を測定して、より安全なものに変更するのです。

パスワードの安全性をさらに強化する

⑦右上のアイコンをクリックして「その他のオプション」を選択

・スコアを表示をクリック

 

・再度マスターパスワードを入力します。

 

⑧以下のように登録したサイト一覧が出てきて、パスワードの強度も表示されます。
弱いものは「サイトを起動」して新しいパスワードに変更して安全性を高めましょう!

 

もっと便利に使う さらに便利に使う方法もあるので、自分に合っていれば設定してみてはどうでしょう?

クレジットカード情報も登録して、自動入力にする

クレジット情報も自動入力にしておけば、入力の手間が省けます(ただし、あまり使わない人はその都度入力した方がいいかも知れません)

方法は簡単です。

⑨右上のアイコンをクリック

・「フォーム記入」をクリック

 

⑩カード情報を入力して、「保存」を押すだけ。

以上、Last Passの紹介でした。

大事なパスワードは今後も増える一方ですので、「簡単に」「安全に」「便利に」管理できることが重要だと考えています。

僕もいろんなツールを使ってきましたが、今のところLast Passが一番だと思っています!

コメント