2018年5月19日

パソコン工房のゲームPC購入画面を解説するよ!

pc工房の画像

管理人の画像
ぼく

パソコン工房の特徴はなんでしょうか?

師匠の画像
お師匠

それは、圧倒的な品揃えじゃぞい。品数は紹介したメーカーの中でナンバーワンじゃろう。

管理人の画像
ぼく

それならぼく好みのPCが見つかりそうですね!

師匠の画像
お師匠

もちろんじゃ。プロともコラボしとるので、そちらも要注目じゃぞ。


パソコン工房は「ドスパラのPC購入画面を解説していくよ!」と、「G-TUNEのPC購入画面を解説していくよ!」でチョイスしたフルタワー型のPCのラインナップに適当なものが見当たらなかったので、今回は、少し小さいタイプのミドルタワー型で解説します。

あらかじめご了承ください。

1.パソコン工房公式サイトを開く
 https://www.pc-koubou.jp

さて、それでは早速TOPページにアクセスすると「ゲームパソコン」の項目があるので、クリックします。

GPUはゲーミングPCにとって重要なポイントになるので、NVIDIA GeForceの上級グレード搭載モデルを探します。

装備も価格も近いものが「LEVEL-R037-i7K-TXR」でしたので、これに決定します。

まずはサイズ感の確認

ミドルタワーの寸法は、幅190mm×奥行477mm×高さ432mmとなっていて、
フルタワーの寸法が大体、約幅207mmx奥行520mmx高さ450mmなので、ミドルタワーは、フルタワーよりひと回り小さい感じですね。

「基本構成からカスタマイズ・お見積もり」をクリックします。

1年間は無償保証が付いていますが、3年がおすすめされていますね!
この辺はお好みでOKです。

下取りキャンペーンについても任意でお願いします。

OSのHomeとProの違いは「ドスパラのPC購入画面を解説するよ!」で解説しております。

ヘッドマウントディスプレイはお好みで。

表計算ソフトはあると何かと便利なので、お安いソフトをあらかじめインストールしておきます。(KINGSOFT WPS Office)

プロセッサー(CPU)はパソコンの頭脳ですので「賢い子」を選択。

CPU冷却グリス・クーラーについてはお好みで。

メモリは16GBあれば十分なので、そのままでOK。

M.2(エムドットツー)は高速のデータ転送を可能にするスロットルで、ストレージに連続してアクセスするような負荷のかかる動作を多く行う場合に適しています。

反面、大きな電力を必要とするほか発熱もするので、しっかりした冷却対策を検討する必要があります。

SSDは480GBくらいあってもいいかも知れません。(今回は240GBで)

ハードディスクは2TBくらいあったほうが安心だと思います。

ハードディスクの追加が必要な場合はここで選択します。

光学式ドライブは初めからDVDが装備されていますね。機能を追加するかはお好みになると思います。

サウンド機能はそのまま。

内臓ネットワークカードはそのままでOKでしょう。

チップセット(マザーボード)はこのままでOKですね。

グラフィックアクセラレーター(GPU・グラボ)を最新版の1080にするかは、お好みになると思いますが、そのままでも十分OKです。

電源は安くパワーアップ出来るので、700Wを選択しました。

ケースのファンは標準の12cmでOK。

ケース・スピーカー・ヘッドフォンはお好みで変更してください。

無線LANが必要な場合は、こちらで選択してください。

キーボード・マウスは普通のものがついていますが、ゲーム用の凝った作りのものが必要な場合は、ここで選ぶこともできます。

液晶モニターですが、結構安いものもありますので、実際かなりオススメです。

HDMIケーブルはなしで。

外付けドライブや付属品関係はいつでも追加できますので、なしで。

ウィルスソフトは必須ですが、他に契約があればなしでOK。

日本語変換を最新にしたい場合は、導入しても良さそうですね。

パソコン設置については、他の記事で紹介していますので、そちらを見ても無理そうならお金を払って設置してもらうといいでしょう。

お疲れ様でした!以上で基本構成+オプション設定が終了しました。

さて、パソコン工房の合計金額はいくらになったでしょうか?

消費税・送料込みで、総額206,755円となりました。

正直このスペックならまずまずといったところでしょう。
1つ気になる事があるとすれば、やはりミドルタワーな事でしょうか?

やっぱりフルタワーの方が拡張性や冷却性能が良いと思いますが、
逆に考えると設置スペースが少なくて済むというメリットもありますので、
どう考えるかは皆さんの都合が良い方を選択してもらったらいいと思います。

初めての購入で、会員情報がない場合はメールアドレスを入力してから、「購入する」をクリックします。

氏名・住所・連絡先などの必要事項を入力していきます。

お支払い方法も忘れずに(チェックボックスで選択)

配送方法や、配送日も指定(平日or日祝日)できます。

最後に注文内容を確認して完了となります!

まとめ

主なスペック

モニター なし
OS Windows10 Home 64ビット
オフィスソフト KINGSOFT WPS Office
CPU インテル(R)Core(TM)i7ー8700K プロセッサー
メモリ 16GB
電源 700W
SSD 240GB
HDD 2TB
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1070Ti
マザボ インテル(R)Z370 チップセット
マウス あり
キーボード あり

追加したもの

オフィスソフト KINGSOFT WPS Office
電源 700W
HDD 2TB

総額206,755円(消費税・送料込み)

パソコン工房も、あとはモニターがあればすべて揃う感じですが、相当な数のラインナップがありましたので、今回の会計の中には入れませんでした。

概算で2万円くらいのモニターとアームを揃えると、合計金額は23〜4万円程度で収まる計算になると思います。

あとは自分で設置を頑張って、SSDをパワーアップすればなお良しでしょうか?

パソコン工房はやっぱり品揃えがかなり多いと感じました。
今後もお得なキャンペーンは見逃せないと思うので、チェックしたいですね!