【悲報】グーグルSEOについて考え過ぎたら頭パンクしそうになった話

サイト運営
スポンサーリンク


日々のSEO対策に疲れた人「毎日毎日SEOを意識して上位表示を狙っているけど、成果は全然…このまま続けていくのも辛くなってきたナリ。誰か本当のSEOを教えて欲しい」

 

こんな悩みに応えます。

 

本記事の内容

・Googleアドセンス広告は日本も世界基準になる
・ユーザーファーストについて本気出して考えてみた

 

こんにちはとしぞうです。

このブログも続けること1年以上…。

完璧ワードプレス初心者でSEOはおろか、CSSもHTMLもまったくわからない状態でスタート。

 

特に教えてくれる人もおらず、わけのわからない情報商材をつかまされたことも多数ありました。(笑)

日々発見というか、「アフィリエイトに終わりはない」ということもよく分かったので、最近習得した知識や発見したことなどをアウトプットしていきたいと思います。

スポンサーリンク

2019/07/09より、Better Ads標準に準拠していないとブラウザでフィルタされる可能性があります。

当サイトも、Google AdSenseで広告表示をさせていただいており、わずかずつではありますが収益を得ています。

 

いつも見に来ていただいてありがとうございます。_(._.)_

 

いつかの記事にも書いた記憶がありますが、Google AdSenseで得た収益は、すべて「記事のクオリティを上げるための投資に使われます」

 

先日よりGoogle先生の方から「2019/07/09より、Better Ads標準に準拠していないとブラウザでフィルタされる可能性があります。」とご連絡をいただきました。

 

どうやら日本も世界基準の広告表示が推奨されるようで、ユーザーエクスペリエンスの向上、つまり、ユーザーさんが不快になる広告表示を改めないサイトでは広告を表示しませんよ。ってことみたいです。

 

この件については、非常に詳しく解説されている方が居られましたのでご紹介させていただきます。

 

「Better Ads 標準のグローバルでのサポートについて」のAdSense 通知の意味と背景 - ブロギングライフ
2019年7月2日から、「Better Ads 標準のグローバルでのサポートについて」の通知がAdSenseアカウントのアイコンをクリックすると表示されるようになっています。通知メッセージの内容は以下になります。 Better Ads 標準のグローバルでのサポートについて。7 月 9 日より、Better Ads 標準...

 

この件の施行に合わせてといいますか、事件系のトレンドアフィリなどを運営されているサイトの広告表示が打ち切られるなど、グーグル規約に抵触するサイトの摘発も行われているようで、厳しい状況になっている人も多数いるとか…。

スポンサーリンク

改めてSEOってなに

今回の記事のコンセプトは「たまにはGoogle先生のことは考えずに好きな記事を書こう」ってことなんですが、改めてSEOってなに?ということについても考えてみたいと思います。

 

SEOでアフィリエイトをしたい。と思ったときに必要なスキルがSEO対策ですよね。

 

日々上位表示を目指してコツコツ頑張るわけですけど、これがなかなか実を結ばない。というか実を結ぶまで続けられないという人が多いから成り立っている商売なのかな?とも思います。

 

特にSEOを意識してそうにないサイトが上位表示されていると「うわ!自分でも出来そう」って感覚になってしまいますが、いざやってみるとこれがなかなかうまく行きません。

 

すると今度は「ツールを買ってなんとかしよう」とか「スクールに入ってノウハウを学ぼう」みたいな発想になるわけですよね。(笑)

 

でも、

  • 「誰がやっても確実に上位表示」なんてテクニックがあると思いますか?
  • もしあったとしても、それを「人に教える」なんてことがあり得ますか?

 

たぶんないですよね。

 

百歩譲ってそのテクニックが存在したとしても、広まることになれば即座にGoogle先生に対策されますからね。

 

それを誰よりわかっている人が他人に言うわけなでしょ?

 

僕は、こんな簡単なことを理解するのに2年も掛かりました。(笑)

その間も最短距離を探し続けるという「ムダな行為」を続けていましたが、でもこの期間があったからこそ、いろいろ試行錯誤する力がついてきたと思います。

 

だから、たまにはSEOを意識せずに「ユーザー」をしっかりみて記事を書くことをおすすめします。

1年位は。それが本質だったりしますので。

スポンサーリンク

Google先生はなにを考えている

これもSEO対策の上では欠かせないと思いますが、僕を含めて多くの人がこの答えを知っているはずなのに「理解できていない」みたいです。

 

Google先生はシンプルにこう言っています。

 

「ユーザーファースト」だと。

 

すごく勘のいい人ならこれを聞いて日々の行動が変わるかも知れませんが、普通の人ならまず短期間で具現化するのは難しいでしょう。

 

ユーザーファーストを身につけるために必要なことは「SEOを考えない」ってことだったりしますからね。

スポンサーリンク

どうやったら検索順位があがるの

結局のところ、自分がユーザーになりきれないと、この答えにはたどり着かないと思います。

ペルソナとかそんなことのことですよね。ユーザーファーストにするために設定するわけです。

 

これもよく先輩ブロガーの人達がいってますけど、「自分が人よりちょっと好きで詳しいこと」や「人から教えてほしいと質問されるようなことを書け」って。

 

この言葉も実はとても深いんですよね。

 

最近になって、やっとこの言葉の深さの片鱗が見えたって感じなんですが、ペルソナとか検索ワードとかいちいち考えなくても、全部自分にしちゃえば簡単です。

 

今の自分が過去の自分に教えてあげたいこと、過去の自分が知りたかったことを1記事ごとにぶつければ結構いいものができるような気がします。

 

そのときに過去の自分ならどう動くか?をしっかり振り返れば検索キーワードもすぐに決まるはず。

 

また、過去の自分をペルソナにしちゃうというのは、もうひとつ大きな意味を持っていて、初心者層にアプローチすることがごく自然にできることなんです。

 

ネットの世界で「何かを検索するとき」、その検索ユーザーのほとんどは「解決する知識を持ち合わせていない人」がほとんどなんです。

 

だから、玄人向けに小難しい言葉を使って文章を書くよりも、圧倒的に多い初心者層に向けて優しい言葉でわかりやすく書いてあげる方が「ユーザーファースト」じゃないですか?

 

それには、過去の自分をペルソナにするのがもっとも簡単で効率がいいってことです。

 

それでは また!

コメント