SBI証券の注文方法~さらに便利になるwww

投資・資産運用
スポンサーリンク

お師匠~!。またSBI証券が便利になるらしいですよ。

そうみたいですね。具体的にどんな風に便利になるんですか?

じゃあ、今回はぼくがお師匠にお教えしましょう~。(―_―)!!

是非よろしくお願い致します。

スポンサーリンク

2019年3月23日からSBIがさらに便利になります

こんにちはとしぞうです。

2019年第3四半期も過去最高を記録した絶好調のSBI証券ですが、さらにユーザビリティを向上させると発表がありました。

 

まず、特殊注文として「OCO注文」、「IFD注文」、「IFDOCO注文」が追加されます。

  • 「OCO注文」・・・指値と逆指値を同時に設定して注文
  • 「IFD注文」・・・買い注文と売り注文を同時に発注
    (信用取引の場合、新規建注文と同時に同じ銘柄の返済注文の発注)
  • 「IFDOCO注文」・・・買い注文の発注とともに、売り注文を指値と逆指値の2つの指値で同時に注文(信用取引の場合、新規建注文を発注後、同時に同じ銘柄の2つの返済注文の発注)

 

そして、期間指定注文では「今週中」の項目を追加し、週末を指定した注文が可能になるそうです。

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう~

OCO注文とは

OCOの意味は、「One side done then Cancel the Other order」の略で、2つの注文を同時に出すことです。(優先順位のない2つの注文を出せるということ)

 

 

たとえば、現物で9,000円の銘柄を100株持っていたとしましょう。

これまでのSBI証券のシステムでは、

現物100株に対して、指値か逆指値の「どちらか一方にしか出せなかった」注文が、

 

指値で9,500円の利益確定売りを出しながら、逆指値で9,100円のリスクヘッジ売り注文も出せるようになります。

 

 

現物株でOCO注文を使えば、株価急落によるまさかの事態にも事前に対応できますし、値幅も確実に取りにいけるので、とっても便利な注文方法です。
SBI証券のOCO注文は訂正型といって、基本は「指値注文が軸」になります。
指値が刺さったら自動的に逆指値注文が消滅し、逆指値が刺さったら指値注文の方が逆指値注文に「自動的に訂正」されます。

IFD注文とは

IFDの意味は、「If done」(イフダン)の略で「新規注文でのみ」選択できます。

 

SBI証券では、現物の売買と信用取引の売買で対応していて、
ノーポジ(買う前に、あるいは売る前に)エントリー価格と、イグジット価格を(利益確定あるいは返済価格)指定する注文のことです。

 

たとえば、ある銘柄が株価9,000円に到達したら買い注文を出して、そのまま9,500円になったら売り注文を出すような場合です。

 

 

これまでは、エントリーの注文が約定しなければイグジットの注文は出せませんでしたが、

ノーポジの状態から価格を設定できるので、「ルールを順守する」ときなどに重宝しそう。

忙しい副業投資家には、注文を出してからある程度放っておけるので、便利な注文方法です。

IFDOCO注文とは

IFDとOCOを同時に行う注文方法です。

 

ノーポジの状態から、指値注文を出し、さらにそこから指値注文と逆指値(ぎゃくさしね)注文を出すというものです。

 

たとえば、ある銘柄に注目していて(ノーポジ)株価が9,000円になったら、買いの注文を入れ、さらに売りの注文は9,500円の指値と8,700円の逆指値を「購入前に」指定できる
というものです。

 

気になる銘柄があったら一気に注文をしておけるので、出張の移動中でネットが使えないときとかにも役に立ちそうです。
OCO注文と同じくIFDOCOも訂正型で、エントリー後は基本「指値注文が軸」になります。
指値が刺さったら自動的に逆指値注文が消滅し、逆指値が刺さったら指値注文の方が逆指値注文に「自動的に訂正」されます。

手数料はどうなる?

SBI証券の説明では、

特殊注文の手数料は、国内株式の手数料と同様です。
※IFD注文、IFDOCO注文の場合には、約定毎にそれぞれ手数料が発生いたします。

となっているので、今までと同じと考えていいでしょう。

期間指定注文に「今週中」が追加される

これまで注文の有効期限を設定するときは、

 

「当日中」か「日時指定」しかできませんでしたが、

 

さらに「今週中」という項目が追加されます。

 

これによって、週末の手仕舞いを意識した売買注文が行いやすくなりそうですね。

まとめ

いや~。どんどん便利になっていくので、さすがネット証券NO.1のことだけはありますよね~。

 

今回の詳しい説明については、公式ページでもご確認くださいね。

SBI証券公式ページ

 

「まだSBI証券口座開設してないよ~」って方は、今からもっと便利になるので、これを機に作っておくのもおすすめですよ!

 

最近は、マイトレードというアプリを使って自分のトレードを管理しています。

今のところ反省点ばかりで凹むことも多いですが、めちゃくちゃ分かりやすいので重宝してます↓

投資管理で評判のアプリ「マイトレード」が便利すぎるwww
あなたは投資成績を客観的に判断できるツールを持っていますか?マイトレードアプリなら、最大で10社の証券会社の取引履歴を一元管理できます。しかも、スマホで簡単にいつでも確認できます。これがあれば、あなたの投資成績もアップすること間違いなし!?

 

それでは また!

コメント