測量士補 合格発表(2019 令和元年)

資格取得
スポンサーリンク

こんにちは!としぞうです。

本日、測量士補試験の合格通知がポストインされていました。先日の2019年測量士補試験解答速報~初受験結果報告の記事で「見込み合格」を豪語してしまったので、しっかり証拠を提示したいと思います。

スポンサーリンク

間違いなく測量士補試験に一発合格しました

論より証拠。

ということで、早速コチラをご覧ください。

測量士補試験合格者通知2019

もう一枚の紙がついてきましたけど、価値があるのはこの1枚でしょう。

 

今回の試験については「過去問をやるだけでは対応できなくなてきている」ということをヒシヒシと感じた試験でした。

 

試験直後の臨場感を確かめておきたい方は、2019年測量士補試験解答速報~初受験結果報告を読んで来年以降に活かしていただければと思います。

測量士補試験の内容は簡単だったか?

正直言って、人よりも学力が圧倒的に不足しているのはわかっていたので、文字通り「人の3倍+1」やってようやく合格をつかみ取った感があります。(/・ω・)/

 

試験勉強を続ければ、「過去問は簡単」に解けるようになりました。

 

通常は1ケ月で合格レベルまで行けるらしいですけど、僕がその時間しか勉強しなかったら間違いなく落ちていたと思います。(笑)

 

だから、基礎学力に不安がある人は、自分のモチベーションがどのくらい続くのかを十分考慮して、その中で学習を続けることが合格への近道かと・・・。

 

もちろん、時代に合った勉強をするのが大事だと思いますので、これから受験を考えている人は、測量士補よりも難易度が高い「測量士」の過去問にも手を出す必要があるかも知れません。

 

というのも、測量士の試験に使われている考え方や問題が数年後、測量士補試験に降りてくるみたいなので、測量士の試験問題をよく理解しておけば、試験対策として十分合格に到達すると思います。

(試験問題で過去問では対応不可の問題が出るときは、測量士の過去問をある程度やっておくしかない)

 

 

あとは基本の復習です。計算の基礎となる方程式や、簡単な法令・道徳問題は必ず得点しなければならない問題です。

 

もし、簡単な問題を100%にしたいなら、【初学者向け】測量士補テキストはこれ1冊でOK【結論】テキストを繰り返し読むだけでOKですので、そんなに難しくないとハズ。

 

あとは、スキマ時間をとにかく作って、勉強あるのみ。

 

最後は根性で乗り切りましょう。(笑)

まとめ

測量士補試験は、幸い足切りはありませんので「完全に自分との戦い」です。

同じ日に試験会場にいる他人は合格率に全く関係ありません。

 

必要以上に緊張することもありませんが、確実に合格を目指すなら今から勉強してもいいでしょう。

大阪在住の方限定ですが、試験申込み方法がアナログなので平成31年度(2019)測量士補試験 申込みをする~大阪編も参考にしてみてください。

 

実際、僕は小学校4年生ぶりに算数を勉強したおかげで、今の本業にも役に立ちました。(笑)

 

 

ということで、今年受験されて合格した方。おめでとうございます。

 

残念ながら不合格となった方。来年はきっと合格できるはず。

今回、知識が足りなかった部分をまた勉強して来年こそは合格をつかんで下さいね。(/・ω・)/

 

測量士補試験は「根性」で合格できます。

これはマジです。

 

それでは また!

コメント