【初学者向け】測量士補テキストはこれ1冊でOK【結論】

資格取得

夏本番にしっかりと勉強!特大キャンペーン中!
講師に学んで、資格取得を確実なものにしよう
講師に学ぶ 測量士補試験合格サイト 東京法経学院
ネットで学ぶ オンライン資格講座の「STUDYING」

測量士補のテキスト選びに迷っている人「あ~。テキストっていろいろあるから迷うなぁ。できるだけ分かりやすいのはもちろんだけど、小さくて軽くて安くて、1発合格できるくらいに要約されているテキストが欲しいなぁ。」

 

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

・測量士補試験に1発合格するためにはテキスト選びが最も重要な理由
・要点が簡潔且つわかりやすくまとめられていて、小さくて持ち運びにも便利なもの

 

こんにちは としぞうです。

この記事を書いている僕は、普段サラリーマンをしていまして、独学で2019年測量士補試験を初受験します。(そして、1発合格しました!)

 

この資格を取りたい理由は、「土地家屋調査士の午前の部」の試験免除が受けられるから。
次なる目標が控えているので、何としても1発合格したいと思っています。

 

測量士補試験では、最大の難関が「計算問題」です

私事でお恥ずかしい話ですが、「小学校4年生で算数を諦めた」ため、測量士補で必要な計算問題の公式などは最初、さっぱりわからない状態でした。(笑)

 

本記事では、そんな僕が「分かりやすい」と思ったテキストをご紹介しつつ、どれだけテキストが重要かについて触れていきたいと思います。

独学用の測量士補テキストおすすめはコレ【結論】

はじめに結論をいうと、測量士補試験用のテキストはこれがあれば十分だと思います↓

 

なぜ十分と言い切れるの?

このテキストのいいところは、分厚いテキストを読んだ後だからこそわかる「要約のすばらしさ」です。

 

具体的にいうと、

  1. 問題文を一目見て正誤を見分けられるようになること
  2. 計算問題を見た瞬間に解き方がひらめくようになること

これさえできれば、測量士補試験は合格できると思ってます。

 

過去問の比重が大きい測量士補試験では、「いかに効率よく出題される問題の要点をマスターするか」が一番大切だと思います。

 

だって、あなたが試験を受ける目的は「試験に合格すること」ですもんね!

 

ポイント 効率良く出題傾向や要点をマスターすれば、空き時間でさらなる知識の肉付けをするもよし、本番さながらの問題集を解きまくることだってできます。

 

他のテキストの内容は知っているの?

今年の初めに測量士補試験を受けようと決めたとき、最初に購入したテキストがコレ↓なんですが、初めて勉強する僕にとっては、非常に読みにくく、結局最後まで読めてません(笑)。

 

今でも横になって読み出したら5分以内に寝れると思います。(+o+)

価格も2,600円+税とそこそこしますし、電車通勤中に開きたくても分厚くて大きいので持ち運び学習に向いているともいえません。

宅建の資格試験でいう「六法全書」的なテキストになりますので、ステップアップで「測量士を目指す方」が買うにはちょうどいいと感じました。(ちなみに僕は、宅建の試験を、マンガのテキスト1冊のみで、奇跡の1発合格を果たしております)

 

このテキストはどんなメリットがあるの?

 

このテキストは、小さくて軽く、場所も取らないので「どこでも学習」に向いています。

 

価格も1,800円+税と安く、少し大きめの書店(僕は紀伊國屋書店で購入)に行けばすぐに見つかると思います。

そして、なんと!懐かしの赤い下敷きが付いているんです。(笑)

 

重要な説明文過去問の○×問題文のひっかけポイントは「すべて赤字」で表現されていますので、いつでも習熟度を確認することができますし、マーカーで線を引くことすらしなくていいので、めちゃくちゃ楽です。

測量士補の過去問集のおすすめはコレ

最初の1月2月は赤いテキストのみであまり勉強せずに時間を無駄にしていましたが、これからはお酒も断ち、平日は小さいテキストで予習・復習しながら、毎週土日は図書館で過去問もやります。

 

僕は過去問集とかを使った学習が好きなので購入しましたが、これも過去10年分がぎっしり詰め込まれているので、おすすめしておきます。(場所や気分を変えるために、どんなシチュエーションでも勉強できるスタイルが好き)

 

テキストで解き方のポイントを習得しているので、あとは数をこなして慣れていく感じですかね。

法令の変更点なども改訂されているので、迷わずこれをやればいいって感じでしょうか。

 

試験後コメント 結果的に試験合格までの計算問題に慣れるには「過去問を解きまくる!」ことが一番良い対策になると思いました。試験本番では電卓が使えず手計算になりますので、ケアレスミスを防ぐ目的でも手計算で慣れた方が近道です。

たとえ予算がなくても、工夫すればいくらでも勉強はできます。公式サイトやユーチューブなどでも過去問の解説や基礎学習を配信してくれている方もいますので、自分にあったものを探してみてください。

おすすめリンク

  1. 国土地理院公式サイト
  2. 測量士・補合格(You Tube)

まとめ

今回は、測量士補試験に1発合格するためのテキスト選びについてご説明させて頂きました。

 

初受験者にとって1番分かりやすいテキストが何か知りたいのは当たり前のことだと思いますが、僕のように分厚いテキストを途中で読むのを諦めた人にもおすすめです。

 

いいテキストというのは、要点が簡潔かつわかりやすくまとめられていて、小さくて持ち運びにも便利なものが最高です。

 

今回ご紹介したテキストには赤い下敷きもついているので、何度も繰り返し学習できます。

この1冊でかなり合格に近付ける実感が持てると思います。

 

確実合格 測量士補試験合格サイト 東京法経学院

何としても1発合格するために、できることはしておきましょうね!(/・ω・)/

 

それでは また!

コメント