【朝礼ネタ】営業編~仕事で絶対にやってはいけないクソスピーチ

ライフハック
スポンサーリンク

朝礼当番が回ってきて慌ている人「あ~明日はスピーチしないといけないのにネタが無い…。このままではマズイので、今すぐ使えるネタが欲しいゾ。誰かヘルプ。(笑)」

 

こんな悩みに応えます。

 

本記事の内容

・朝礼の意味を考える~何のためにやるのか?
・会社が求める名スピーチひながた~営業職Ver.
・朝礼ネタの探し方~ネタは感動体験を思い出せ

会社の朝礼でスピーチの順番が回ってきた時は、「どんなネタで話すべきか」考えるのも憂鬱ですよね。

 

こんにちは としぞうです。

 

僕はむかし、ある車屋さんの「自動車整備工見習い」として就職してから約4年間、ひたすら人前でスピーチさせられてきました。

 

え?なぜ整備工見習いがそんなことをする必要があるの?

 

それは、社長から「お前、明日から営業な」と突然異動を命じられたからです。
\(^o^)/オワタ

 

当時の社長は結構イケイケのスパルタだったので、かなり厳しいメニューで「しゃべり」を鍛えられました。

 

どんな内容かというと、
↓↓↓↓↓

  •   :みんなの前でスピーチ
  • 朝礼後:全社員の前で営業ロールプレイング
  •   :営業トークのロールプレイング(商談中の営業トークが悪いと、仕事の合間に社長や営業部長に呼び出される)
  •   :営業成績が落ちると、社長の自宅に呼び出されて社長夫婦相手に営業トークのロールプレイング(時に社長の友達も居る)

さらに、半強制的にJC(青年会議所)にも放り込まれ、そこでは、毎回の会合ごとに持ち回りで「3分間スピーチをする」という決まりがあり、

自分より20歳くらい年上の会員数十名(ほぼ全員会社経営者)の前で初めてスピーチしたときは、緊張から事前準備した原稿が頭の中からすっかり消えてしまった挙げ句、足をガクガクさせながら「30秒以降は無言」でその場を凌いだくらい、人前で話すのが苦手でした。(笑)

 

その後、「もう、あんな恥ずかしい思いはしたくない」と、約4年間スピーチ力を周りのみなさんの力もお借りして厳しく鍛えていただいたおかげで、当時最年少で新店舗の店長を任されるまでに急成長した経験があります。

 

今回はそんな僕が、「明日使える朝礼ネタ」について考察しつつ、あなたがこれから朝礼ネタに困らないようにするための考え方や、みんなから一目置かれる人間になるためのスピーチ術についても触れていきたいと思います。

スピーチ例は記事後半に記載していますので、お急ぎの方はもくじからジャンプして下さい。
スポンサーリンク

スピーチを甘く見てはいけない~朝礼ネタを駆使して「一目置かれる存在」になろう!

朝礼のネタのおかげで仕事がうまくいく

はじめに、「朝礼の意味」について考えておきたいと思います。

 

 

スピーカー「最近はめっきり暑くなりましたね…(季節)、そういえば先日家族で旅行に行きましたら…(趣味)雷が鳴って天気が急に悪化しまして…(天気)、ついでに体調も崩してしまいました…(健康)、テレビを見たら旅行に行って体調を崩す人がたくさんいるみたいで…(ニュース)、〇〇であれば、▲▲といいますし…(格言)、みなさん気を付けて下さいね…。

 

あなたも他人のスピーチを聞いて「もう知ってるよ」とか。「つまんないな」とか「今、それを話す必要があるのか?」なんて感じたことはありませんか?

 

はい。あなたの直感は正しいです

朝礼は、見かたを変えると「相手に自分の考えを完結に伝えるチャンス」と捉えることができます。

 

こんなチャンスの時に「しょうもない話」を披露するようでは、「ダメなヤツ」の烙印を押さてもしょうがないですよね…。

 

ですが逆に、「いいスピーチができる」ようになれば、上司や同僚、部下からも「一目置かれる存在」になりますので、まずは「朝礼→苦痛」から「朝礼→チャンス」に頭を切り替えることからはじめましょう。(/・ω・)/

スポンサーリンク

営業マンがするべき朝礼ネタとは

朝礼ネタを何にするか悩む人

※今回は営業職編なので、会社内部の人間(社長、上司、同僚、部下)が、あなたの朝礼を聴いているということを想定します。もし、出先などで社外の人がいる場合は、共感を得ることができない可能性がありますので、臨機応変に内容を変更して下さいね。

 

【結論】朝礼スピーチの永遠のテーマは「仕事」です。

 

朝礼のネタは「仕事」でいいんだな。_φ(・_・ フムフム…。

でも仕事の話は朝礼でなくても上司と直接したらいいんじゃないの?

そもそもなぜ朝礼でスピーチしなければいけないんですか?

 

はい。

 

朝礼で「仕事の話をせよ」といっても、あなたの売上数字を披露する必要はありませんし、むしろ逆効果です。

 

朝礼では、あなたの営業能力がどれくらい高まってきたのかを聴かせてあげて下さい

会社が求める「営業能力」とは「顧客を囲い込むチカラ」

朝礼で自分の成長をアピールする

営業職は時に「価格の交渉事」よりも、問題解決などの「コミュニケーション能力に長けている人の方が重宝されます。

 

正直、「成約するための交渉能力」は訓練すれば、すぐに身につきます。

というのも、「顧客を囲い込むチカラ」がない状態でも商品を購入してもらえるのは、ひとえに「会社の看板」と「商品力」があるからなんですよね。

 

会社や会社の先輩達がコツコツと築いてきた「信用」があるからこそ売れているだけに過ぎないわけです。

そこで、「あの人から買いたい」、「あの人じゃないと嫌だ」と顧客に思わせるための一つの訓練として行われるのが「朝礼」なのです。

 

朝礼でスピーチをさせられるのも「コミュニケーション能力強化」の意図がありますので、冒頭のスピーチのように中身のない話をされた日には、

 

上司や同僚、部下にも、

「客先へ行った時にこんなくだらない話を客先でしてくれるなよ」

と思われること請け合いです。

しかし人間というのは面白いもので、「朝礼で話した内容をそのまま社外で話してしまう」傾向があります。(笑)

 

ご自身を含め、身に覚えがある人も多いんじゃないでしょうか?
( ゚Д゚)コイツマタオナジハナシヲシテヤガル

で、結局どんなネタでスピーチをすればいいの?

仕事の朝礼スピーチはどんなネタにすればいい?

スピーチはその性質上「話し手」の話を、相手が一方的に聞かなければいけないということになりますので、しっかりと聞いてもらうためには、必然的に「相手が興味のある内容」を話す必要があります。

 

つまり、「自分が話したいこと」をネタにするのではなく、「相手が聞きたいこと」をネタにしなければいけないわけですね。

 

同じ職場にいるわけですから、共通項は自然と「仕事」になることはわかると思います。

ではネタはどのように決めるか?

 

 

【結論】大テーマが「仕事」なら中テーマは「聞き手」です。

 

 

勘のいい方ならもうおわかりになったかもしれませんが、この二つを駆使すれば朝礼ネタに困ることはないし、社内外での自分の評価は確実に上がります。

 

実際、この効果は凄まじく「自分の周りの環境を変える力」を持っていますのでオススメ。

 

じゃあ、聞き手が「聞きたい内容」ってどんなネタなんですか?

 

とてもいい質問ですね。

 

人間というのは、兎にも角にも「自分に興味があります」。

大抵の人はここまで考えが及ばないので、表面的な「朝礼ネタ」を探す必要があるわけですが、朝礼のネタを「聞き手にフォーカス」するということは、自然と相手に心を開いて、よく観察する能力を鍛えなければなりません。(広義のコミュニケーション能力です)

 

つまり、「マメ太郎」になって、「今まで会社で起こったこと」を振り返ってみましょう!

 

 

【結論】小テーマはあなたの「応用(味付け)」です。

 

 

基本的に大テーマと中テーマで朝礼ネタを構成して、最後にあなたなりの味付けをすれば聞き手も苦にならないスピーチが完成します。

 

味付けの基本は「あなたが仕事上で感心したり、感動したこと」にしましょう。

これで準備は完了しました。

スポンサーリンク

朝礼スピーチのテンプレート(出張編)

出張先の出来事を朝礼ネタにする

お待たせしました。それでは朝礼のスピーチを見ていきましょう。

 

私はこの会社の営業部で業務を行っています。(導入部分)

先日、出張先で急ぎの顧客対応を迫られた時に、移動の最中で手持ちの資料もなく、非常に困っていました。(場面転換)

 

そんな時に、ちょうど■■さんから、電話があって、事情を説明したところ(話の主役を「聞き手」に移す)

「内容はわかりました。私にできることはありますか?」と言っていただいたので、私が知る顧客の性格から対応策をお伝えしたところ、見事、私以上に上手く対応して下さいました。

 

よくよく考えてみると、普段から何気なくされている■■さんの行動を見て「■■さんは、なんで△△なことをしているのだろう」と疑問に思っていたんですが、(気づき)

いつも△△な行動を心掛けられていたからこそ、素晴らしい顧客対応に繋がったんだとわかりました。(理解した=成長した)

 

その時の対応について、取引先からもお褒めの言葉をいただいたので、次回以降の取引も安定して続けられそうです。(実際に気づきがもたらした効果の説明)

 

これからは私も、営業活動の一環として、△△な行動を心掛けていきたいと思います。(最後に話しの主役を「話し手」に戻し、目標を宣言して終了)

 

できる営業はここが違う!

冒頭のスピーチと比べてもらえば一目瞭然ですが、朝礼のネタを「聞き手」に移すだけでかなり印象が変わります。

 

しかも、このスピーチを続けるだけで「自分の味方が確実に増える」効果がありますので、あなたが行うはずだった業務も「気持ちよく」「率先して」手伝ってくれる可能性が高くなります。

 

普通は人に動いてもらおうと思ったら「お願い」しますけど、それでも心の奥底では「なんで私がやらなきゃいけないの?」などの軋轢やストレスが多少なりとも発生する場合があります。

 

しかし、上記のように「朝礼のスピーチを真剣にするだけ」で前提条件を無効化できる効果がありますので、お願いするストレスもないしコスパも最高です。

エンハンシング効果とアンダーマイニング効果

エンハンシング効果とアンダーマイニング効果

実は、この朝礼スピーチに込めたネタには心理学的にいう「エンハンシング効果」といわれているものを取り入れています。

 

一見すると無敵に思える朝礼ネタですが、使い方を間違えると逆効果になる場合がありますので、このテクニックの心理的な効果や使い方について説明をしておきますね。

エンハンシング効果

エンハンシング効果については、Wikipediaのページが無かったので、よく似た意味合いを持つ「ピグマリオン効果」をご紹介します。

 

ピグマリオン効果(ピグマリオンこうか、英: pygmalion effect)とは、教育心理学における心理的行動の1つで、教師の期待によって学習者の成績が向上することである。

Wikipediaより引用

 

ちょっと難しい説明になってしまいましたが、簡単に言うと「相手に称賛の言葉をかける(褒める)」ことで、相手に自発的なやる気を起こさせることを指します。

大事なことは、相手の「能力」を褒めるのではなく「行動」を褒めることです。

 

行動を褒められた相手はモチベーションが上がって、さらに向上しようと頑張ってくれる可能性が高まります。

アンダーマイニング効果

アンダーマイニング効果(アンダーマイニングこうか、英: undermining effect)またはアンダーマイニング現象(アンダーマイニングげんしょう、英: undermining phenomenon)は、内発的に動機づけられた行為に対して、報酬を与えるなどの外発的動機づけを行うことによって、モチベーション(やる気)が低減する現象である。例えば、好きでプレイしていたゲームに金銭的な報酬を与えられると、やる気がなくなってしまうなど。抑制効果ともいう。

Wikipediaより引用

 

逆にアンダーマイニング効果は、「相手が自分の良心に従って気持ちよくやっている」ところに「邪魔」が入ると、かえってやる気がなくなるという心理現象のことです。

 

今回のことに置き換えて考えてみると、相手のことをスピーチで褒めても、その後の対応が悪ければ逆効果になって長続きしない(むしろ悪化する)こともあります。

 

アンダーマイニング効果を防ぐ方法は、

 

  • 相手に決定権を持ってやってもらう
  • こちらから相手に要求しない

ことに尽きます。

 

朝礼のネタで取り上げた内容は、あくまでも「聞き手本人が自発的に(無意識も含む)」やっている素晴らしい言動を拾ってきますので、取り上げたからには「とことん相手を尊重」してあげて下さい。

ちなみに天才を育てた親は「何も特別なことをしていない」と言いつつ、エンハンシング効果やアンダーマニング効果を無意識的にうまく使っていたという場合が多いです。日本初のNBAドラフト指名された八村塁選手の中学校の恩師も、本人のやる気を出させるために「君は絶対NBA選手になれる」と期待をかけて、自発的な成長を促したことは有名です。
スポンサーリンク

朝礼スピーチのテンプレート(内勤編)

内勤用の朝礼ネタ

今度は少し違った視点のスピーチです。

私はこの会社の営業部で業務を行っています。(導入部分)

先日、取引先から無茶な納期短縮の依頼があり、大変困ってしまいました。(場面転換)

 

ところが、ちょうど□□さんがいらっしゃったので相談してみたところ、(話の主役を「聞き手」に移す)

 

「内容はわかりました。私が代わりに聞いてみてあげるよ」と言って下さったその場で、すぐに●●部門に電話して、当初無茶だと思った納期を実現して下さいました。

 

よくよく考えてみると、□□さんいつも「●●部門へ足繁く行かれるな」と疑問に思っていたんですが、(気づき)

 

いつも▲▲な行動を心掛けられていたからこそ、無茶なお願いでも「□□さんの頼みなら」と快く対応していただけたんだと思います。(理解した=成長した)

 

そのおかげで、取引先からも大変助かったと相手先のユーザーさんにも喜んでいただけましたので、次回以降の取引も安定して続けられそうです。(実際にもたらした効果の説明)

 

これからは私も、社外だけではなく、チームメンバーとして、▲▲な行動を心掛けていきたいと思います。(最後に話しの主役を「話し手」に戻し、目標を宣言して終了)

できる営業はここが違う!

仕事は一人でしているわけではありませんので、あなたも社内で助けられた経験はあると思います。

 

あなたはこの朝礼を通して「恩を忘れない人」として、広く認識されるほか、仕事を円滑に行っていくためにはチームワークも大切と、「仲間を大切にしていく姿勢」も印象づけることができました。

 

自分で宣言したことはしっかりと実行していくことになりますが、あなたのスピーチを聞いた人達は、困った時にあなたを頼ってくれるかも知れません。今度はあなたが他人を助ける番です。

 

見返りを求めず、たとえ裏切られたとしても、気持ち良い行動を心掛けましょう。

自分を大きく見せる必要はない

仕事の朝礼スピーチは大げさに言わない

スピーチのテンプレートはあくまでも一例ですが、あなたがこれまで行ってきた経験値を活かせば、いくらでもストーリーを作れると思います。

 

恩着せがましくならないように、サラッと、スマートに話すことを心掛ければ、原稿を考える必要もなくスラスラと思い浮かんでくるのではないでしょうか?

 

 

朝礼の数分間はあなたが場を支配しています。

あなたを支えてくれる人達にスポットライトを当てる」ことで、あなたの存在価値もどんどん大きくなります。

 

だから、自分を大きく見せる必要はないし、本人でも気づかないような良いところを褒めることで、聞き手全員のモチベーションもついでに上げちゃいましょう。

 

そうすれば、会社も上司も、周りの同僚、部下、もちろん褒められた人も、こんな素敵な朝礼をするあなたのことをどのように評価するか、もうおわかりですよね?

スポンサーリンク

まとめ

会社での朝礼のネタはあなたの目の前にたくさん落ちています。

 

そのネタを上手く料理して「自分」から「他人の行動」に話の軸を移すだけで、あなたの仕事はもっとはかどり、一目置かれる存在になっていくことでしょう。

 

大切なことは、相手を本気で尊重して、

「相手の行動を褒めること」(能力はダメ)

「相手が主導権を持っていること」(押し付けたらダメ)

「こちらから要求しないこと」(期待したらダメ)

です。

 

あなたなら、ちょっとした感動体験を大切にして、他人を喜ばせる「コミュニケーション上手」な人になれると思います。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

 

それでは また!

コメント