次世代素材のスパイバー(Spiber)が上場間近?~人工クモ糸で世界の常識を変える会社

投資・資産運用
スポンサーリンク

日本には上場間近の有望企業はないのでしょうか?

何をおっしゃいますか。すんごい企業がありますよ。

それはどんな企業なんですか?

鋼鉄の300倍も強度がある「クモの糸」を人工で作っちゃった企業ですよ。

スポンサーリンク

Spiber(すぱいばー)株式会社とは

こんにちは!としぞうです。

今回はIPO(新規上場株式)がとても期待されている「スパイバー(Spiber)株式会社」の魅力について語りたいと思います。

 

Spiber株式会社
Spiber株式会社 - 地球規模の課題に取り組み、新世代タンパク質素材が持つ無限の可能性、そして人類社会にとっての理想の未来を実現する組織です。

 

そもそもぼくが同社を知ったのは、2016年に行われたパリモーターショーで「あの超高級車ブランド」の【レクサス】とコラボしたコンセプトシート「QMONOS(クモノス)」を見たときが初めてでした。

 

 

すごくねコレ!?

え?このシートがレクサスに実装されたら、めちゃくちゃ売れるんじゃね?

 

元自動車の営業マンで、スポーツカー大好きのぼくは一目で「この会社は絶対すごい会社になる」と直感。

 

間違いがなかったことが近々証明されそうなので、大注目しています。

 

Spiber(スパイバー)株式会社 情報

設立2007年9日26日
社員数200名
平均年齢35歳
業種化学
事業の内容次世代バイオ素材開発、DNAタグ技術開発、DNA情報記録技術開発に係る事業
所在地山形県鶴岡市覚岸寺字水上234番地1
取締役兼代表執行役関山 和秀
同社ホームページhttps://www.spiber.jp/

 

スパイバー社は非上場ながらも、1,000億円以上の企業価値があると推定されている「日本のユニコーン企業」なんですね!

スポンサーリンク

スパイバーの事業内容

ではどんな事業をしているのか詳しく見ていきましょう。

 

スパイバーは2007年山形県で設立され、6年後の2013年の5月に、鋼鉄の340倍の強度をもつというクモ糸繊維QMONOS」を世界で初めて量産に成功したことから、一気に注目を集めた会社です。

 

同社は私たちの生活の中でも非常に重要な、タンパク質(髪の毛や皮膚、筋肉の素となるもの)を原料として、鉄などの金属や石油由来の化学繊維などの代替品になりうる素材の量産化を目的のひとつにしています。

 

有史以来、鉄の代替品となる可能性があるものもあったようですが、性能や加工性、量産化によるコストの削減がボトルネックになり、未だに見つかっていませんので、もし置き換えが可能とわかればとんでもないパラダイムシフトになると思います。

 

クモの糸がどれだけすごいのかは、映画「スパイダーマン」でおなじみかと思いますが、あの世界が現実になるのもそう遠くない未来なのかもしれませんね~。( *´艸`)ブフウ~

地球環境にやさしく、体にもやさしい素材が「日本の研究者・企業」から世界へと羽ばたこうとしているんです。

2018年11月にタイ新工場を設立

スパイバーは2018年11月にタイ現地法人を設立しました

 

この工場で、人口構造タンパク質の量産(発酵・精製プロセス)プラント建設、稼働準備、および稼働後の運営をするということで、いよいよ本格的な量産が始まり、長年の懸案事項であった「量産価格」についても目途が立った形となったようです。

 

量産化が軌道に乗れば、資金調達のために株式を上場することと思われますので、

 

ここで長期的に投資すれば、めっちゃ・・・儲かるかも知れません。

 

なんせ、先ほど説明したとおり潜在成長力が物凄いんです。( ´∀` )

汎用性がハンパない!?

これまでに出資企業とのタイアップでユニークなコンセプトモデルを発表し、事業の多様性をアピールしている同社は、タンパク質を自在に変化させることで、既存の様々な製品原料の代替になることが期待されています。

 

本当かどうか検証するために、現在出資している企業群や開発中の製品も見てみましょう。

ゴールドウィン社(証券コード:8111)…スポーツウェアやスポーツ用品の製造販売。

Spiberが実際の人口タンパク工場ラインで製造した世界初のプロトタイプ「MOON PARKA」はゴールドウィン社のブランド「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」がベースになっていて、

もしこの商品が市場に出れば、ゴールドウィン社は投資家の注目を集め、大きく株価を上昇させる可能性が高いです。

実際、2019年3月期の決算で意識され、しばらく右肩上がりの一本調子で株価が上昇しました。(/・ω・)/コリャスゴイ

 

ウェアもめっちゃかっこいい!欲しい。

 

同社の直近決算も「増益」「増配」で絶好調!(2019年2月発表時点)

株価も爆上がりしていますが、その裏には、スパイバーの実用化が盛り込まれている?

1着2万5千円の【タンパク質Tシャツ】販売決定!(2019/06/20)

スパイバー社がゴールドウィン社とコラボしたプラネタリー・エクイリブアム ティ

THE NORTH FASE Sp. コラボレーションアイテム

 

プラネタリー・エクイリブアム ティ/PLANETARY EQUILIBRIUM TEE

が250着限定で先行販売されるようですね。

 

この商品はコットンとスパイバー社が開発した微生物由来のタンパク質「ブリュード・プロテイン」を82.5:17.5の割合で作られているそうです。

 

石油や動物由来ではなく「植物」と「微生物」がおりなす、着心地はどんなものかとっても気になりますよね!(/ω・\)チラッ

 

抽選応募は、同社の公式サイトから「1着2万5千円のタンパク質Tシャツ!」

抽選が当たった幸運な人は、もれなく大注目されるチャンスですよ!(2019/06/20~2019/07/20まで)

 

参考 スパイバー公式

 

僕はファッションセンス「ゼロ」ですが、注目されてみたいので、一応応募しておきました。(笑)

繊維の宝石も余裕で再現

繊維の宝石はカシミア(カシミアヤギからとれたもの)と呼ばれています。

カシミアは、毛質が細く・なめらかで、保温性と保湿性にも優れた高級素材ですが、生きものに頼るため「希少価値が高く・量産が困難」でした。

 

しかし、スパイバーが最近開発したこの繊維は、ベビーカシミアを凌ぐ風合いと手触りが特徴の「原毛」で、アパレル業界などの、さらなる応用が期待されています。

 

スパイバー社のカシミヤが市場に出たら、アパレルメーカーはこぞって原毛を欲しがるでしょうね!

 

地球上の生物や環境に負担を掛けないビジネスモデルは、ESG投資家(持続可能な環境・社会・企業統治に配慮している企業を重視・選別して行なう投資のことで、 ESG評価の高い企業は事業の社会的意義、成長の持続性など優れた企業特性を持つ)の莫大な資金も呼び込みそうですよね。

 

しかも、大きな売上規模・資金力を持つアパレル企業は、この発表についてスルーしてしまうのでしょうか?

 

もし、この繊維の可能性についてその程度の発想力しかない企業経営者なら、見切りをつけたほうがいいレベルなんじゃないかと思います。

三井住友建設(証券コード:1821)…人口クモ糸が建材になる日も近い

三井住友建設も建築分野の新素材開発でスパイバーと共同開発することを発表した。

 

そもそも三井住友建設は2018年から同社に出資をしており、中核産業の人口クモ糸を新たな建築資材としたい考えがあるようです。

 

近い将来スパイバー社のクモ糸が建築資材として使われた時のインパクトはすごいものになることが容易に想像できる。

微生物の発酵をコントロールして、植物資源から構造たんぱく質を生産する技術は石油に依存しないサスティナブルで地球にも優しい。

 

建設会社のイメージアップにも一役買うことは間違いないでしょう!

プロリーマンも、自社の副社長に直訴

ぼく自身も仕事上、繊維とは密接な関係にありまして、スパイバー社の事を調べれば調べるほど「コラボを考えた商品展開」をしたほうがいいと思って、所属している会社の副社長に「〇〇をスパイバー社の製品に置きかえてはいかがでしょうか?」と直訴してきました。

 

正直、今の段階で我々のような業態の会社がアプローチしてきている可能性が低く、他社に先駆けることで先行者メリットを得ようと画策してみました訳ですが…。(笑)

役員も結構食いついてきていたので、もしかするともしかするかも知れませんね。

やっぱり株をやってると、いろいろ最新情報にも敏感になるし、プロリーマンとしても成長できるので、サラリーマンにこそ株式投資をやってほしいと改めて思いました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、日本のユニコーン企業「Spiber株式会社」の事業の多様性や潜在成長力、上場時期などについていろいろ調べてみました。

 

その結果、これからも目が離せない企業だということがわかりましたよね!

 

もし上場すれば、それこそ「プラチナチケット」となる可能性が高いと思いますので、今からIPO(新規上場株式)についてアンテナを張るのも重要だと思います。

 

IPOでお金を稼ぐ方法~勝率UP!これで勝てなきゃ株やめろ
IPOを当てて初値でガッツリ稼ぎましょう!IPO投資は初心者でも簡単にできる【ローリスク・ハイリターン】な投資手法です。将来有望で成長性も期待できる会社がどんどん株式市場に上場してきますので、初値予想も簡単です。あなたも楽しくお金を稼いでみませんか?

 

また、ご自分の会社事業に「もしスパイバー社の技術を応用したら…」と考えてみるのも、非常に面白いので、いい応用法が思いついたら会社に提案してみてはいかがでしょうか?

(スパイバー社は、どんな突飛な提案も真剣に考えてくれる企業と伺ってます)

 

投資を通じて、自分がお世話になっている会社の上層部に「提案できるサラリーマン」として、ポジションを確立すれば、昇格や昇給も楽勝じゃないかと思っている今日この頃…。

革命的な技術は、本当に胸が躍りますよね!

でも大事なのは、その心の高まりを「自分の成果に横展開する思考」を絶えず行い、「お金に換えるチカラ」を養うことが、この資本主義の世界でマウントを取れるひとつの方法ではないでしょうか?

 

それでは また!

コメント