5G の基礎知識~関連銘柄に投資して時代の波に乗ろう

投資・資産運用
スポンサーリンク

2019年はとうとう5Gが始まるみたいですね。

そうですね。ネットがさらに便利になりますよ。

素朴な疑問なんですが、5Gって何ですか?

実は世界中を巻き込んだ大きな動きになっていますので、詳しくご説明しましょう!

スポンサーリンク

5Gとは~今までよりも「もっと速く」「もっと快適に」

こんにちはとしぞうです。

いよいよ5Gのサービスが日本でも始まるということで、新しいビジネスチャンスに目を輝かせている人、伸びる企業を応援する人、新サービスをお得に利用したい人など、さまざまいらっしゃると思います。

 

今回は投資家目線でも大注目セクター「5G」を良く知ってもらって、これからの時代の相棒として便利に使ってもらえるような情報をシェアできればと思います。

 

それでは早速いってみましょう!

5G基礎知識~4Gとの違いとこれまでのおさらい

5Gは2020年に始まる次世代通信規格【第5世代移動通信システム、5th Generation】の略称です。

 

現在は4GLTEという技術で高速通信網が敷かれていますが、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクなどの通信会社が、2019年後半にも一部都市から5Gのプレサービスを開始するそうです。

 

5Gは携帯・スマホだけの通信技術にとどまらず、クルマの自動運転やテレビの4K・8K放送、インターネットを介した動画などの大容量通信の高速化、あらゆる家電を結ぶIoTや遠隔医療、ロボティクス、その他にも新しいモジュールやデバイスの登場によって劇的な変化が期待される技術革新の根幹となるインフラストラクチャー。

 

5Gに至るまでの昔話をすると、ぼくは1999年にドコモがiモードを提供する少し前の2G世代で、当時はまだポケベルというものがあり、友達に20文字程度のメッセージを送るために夜な夜な家を抜け出して公衆電話に行って、数字を打ち込んでいました。(20文字を送るために数十円掛かる時代です)

その頃と今を比べると、ネットが全世界をつなぐようになり、他人とつながることも本当に簡単にできるようになりましたよね。

 

これからは、人と人や、人と機械、機械と機械をつないでもっと便利な社会になっていくものと想像します。

 

では、なぜそんなことが可能になるのか?

どうやらその秘密は、5Gの通信速度にあるようです

5G通信速度~劇的に変わる超高速インターネット通信

4G通信速度は、理論値でいうとダウンロードなどの下りで 最大500Mbps程度、Wi-Fiのルーターを使ったときは下りで 最大700Mbps程度となっています。

 

Mbpsを簡単に説明すると、1秒間でどのくらいの量の情報を動かせるかという、データを動かせる容量の単位を表しますが、

 

5Gだと4Gより100倍以上速くなって、下り最大20Gbps以上の速度が出るそうです。(20,000Mbps)

例えばネットで快適に楽しむなら、

・テレビ・・・5Mbpsくらい
・YouTube・・・5Mbpsくらい
・ホームページやブログ・・・2Mbpsくらい
・オンラインゲーム・・・20Mbps

あれば、現在のデータ量でストレスがなく使えると思います。

 

それなら、今のままで十分じゃね?

 

はい!とてもいい質問ですね。確かに「今」の状態なら十分すぎる能力でしょう。

 

しかし、1G(アナログ)→2G(ドコモのiモード)→3G(i-Phone登場)→4G(いまココ)進化をするにつれて、どんどん利用者や通信量は増えていき、それに応じて通信規格も見直されてきました。

だいたいスパンは10年単位くらいでしょうか。

 

今回の5Gが実装されると、1台のデバイスから同時に接続できる台数も、現在の数台程度から、一気に100台以上の機器とやり取りできるようになるらしいですね。

 

これからは、「身の回りのあらゆる機器と自分のデバイスをつないで生活していく」時代になると思われます。

 

そのためには、今よりも発達した通信網が必要になるのです。

私たちは今、新しい時代のその狭間にいるんですよね。

5G利点

5Gの利点は通信速度だけではなく、

 

遅れが生じにくい」ことと、1㎢(平方キロメートル)当たり100万以上の機器を同時に接続できる「多接続」もあります。

 

5Gのネットワーク遅延は、1ミリ秒(1000分の1秒)以下と非常に小さく、遠距離通信でもズレが生じにくい低遅延が特徴です。

 

たとえば通信型の対戦ゲームなら自分がボタンを押した瞬間にゲームキャラが反応し、LINE等の通話アプリなら、通話でつながりにくいということもかなり減ると思われます。

 

さらに、お医者さんが遠隔地のロボットを動かして患者さんを手術をするような、「遠隔医療」分野や、自動車を素早く・正確にコントロールしなければいけない「自動運転」分野のほか、工場などを「FA化」(ファクトリーオートメーション)するときにも、大事な要素になります。

5G技術企業

5G注目企業といえば、米国のベライゾン・コミュニケーションズが世界で初めての5Gサービス「5G Home」を開始したのは2018年10月、同じく米AT&Tも同年12月に5Gモバイルルーターを使うサービスを提供している。

 

また米国と絶賛バトル中のファーウェイ(Huawei)(中国)も注目。

ファーウェイ製のスマホにバックドアシステム(情報を抜き取る設備)が設けられているという疑いがアメリカから掛けられ、政府機関での使用を控えるまでになっていますよね。

ファーウェイは中国でもっとも高い技術力を持つ企業で、スマホやスマホでの通信を支える基地局、通信ネットワークの機器を作って、世界中に販売していますが、

今では移動通信の基地局でスウェーデンのエリクソン、フィンランドのノキアと並ぶ世界三強の一角を占め、直近では世界1位です。

 

特に基地局は大いに越したことがないので、5Gの覇権争いはますます過熱しそう。

 

スマホ向け5Gサービスでは米韓が世界初を競い合っていて、2019年4月にサービス開始。(米ベライゾン、韓SKテレコム)

5G自動運転

5Gの超高速通信によって遅延が少なくなりますので、自動運転関連業界は次の時代に大きく進んでいくことでしょう。

 

関連銘柄として、日本では自動車メーカーのほか、通信キャリア、AIの会社がこれから伸びると思われます。

 

たとえば日本株なら、SBI株アプリでも

銘柄検索>テーマから探す>自動運転

 

数クリックであっという間に探せます。

その他の国も確認しておくと

米国

  • Waymo(ウェイモ)グーグル傘下の自走運転研究開発
  • Tesla(テスラ)何かとお騒がせなイーロンマスクCEOで有名な電気自動車メーカー
  • Uber(ウーバー)ライドシェアリング大手自動運転試験中に死亡事故を起こしたため中断
  • Lyft(リフト)ライドシェアリング大手
  • NVIDIA(エヌビディア)自走運転向けハードを販売
    他、多数

中国

  • 華為技術(ファーウェイ)世界最大規模の通信基地局をもち、5G通信機器にも強み
  • 百度(バイドゥ)オープンプラットフォーム開発
  • 滴々出行(ディディチューシン)中国ライドシェア大手。米国トヨタ、やAmazon等と自動運実証実験開始
  • 阿里巴巴集団(アリババ)自動運転に限らず、様々なスタートアップに資金提供。次世代の企業を育成
    他、多数

まとめ

5Gは世界中が大注目している新技術です。

自動運転以外にも、製造業や小売り・流通、情報・コミュニケーション、公共サービス、建設などありとあらゆる業界に5Gは波及し、その経済効果は2035年までに「1380兆円規模」になると予測されています。

※英IHSマークイット調べ

 

ネットの世界の覇権を握ることになるのは、果たしてどの国・どの企業になるのか楽しみですね!

 

これから始まる「超高速インターネット時代」に合った設備を自宅に準備したいと考えているなら、この記事が役に立つと思います。

参考 超高速インターネットおすすめ6社比較!工事費無料で光回線を使い放題 

 

それでは また!

コメント