仕手筋の銘柄動向分析~敵の敵は味方?仕手株の恐怖

投資・資産運用

この間、掲示板で「仕手筋がいる」って騒がれていたんですけど、どういうことですか?

仕手筋はいろんな方法で株価を操作して、自分たちだけ儲けているんですよ。

僕たち弱小個人は、なす術なしなんですか?

そんなことはありませんよ。仕手筋が狙いやすい銘柄というものがありますから、今回はそれを勉強しましょう。

仕手に負けるな!個人投資家の最後の抵抗

仕手筋と呼ばれる集団が行う不自然な取引の恐怖と、被害に合わないための対策をシェアしたいと思います。

株取引をしたことのある人ならわかると思いますが、

思ったように株価が動いてくれない

 

それどころか、

全く逆方向に株価が動いてしまった

というような苦い経験はありませんでしょうか?

 

ちゃんと銘柄の分析もしたし、絶対とはいかないまでも、結構な自信をもって銘柄を選別して投資したはずなのに、時にありえないほど逆方向に動くことがありますよね?

 

株価の動きすべてが正しい取引の結果というのはあり得ません

 

実は、ひそかに仕手筋が株価を操作しているからかもしれません。未熟な個人投資家の恐怖や不安心理を巧みに操って暗躍しているなら、とても恐いことですよね。

 

だから、まず相手のことをよく知ることから始めましょう!

そもそも仕手ってなに?

仕手は、巨額の投資資金を武器に銘柄の価格や売買高を意図的に操縦し、利益を得ようとする。

ひとたび仕手が動くと、企業業績とは無関係に株価が急変動する。通常は、仕手筋以外の投資家(提灯)の投機資金を巻き込みながら、一定期間をかけて急騰や急落を繰り返すが、やがては企業業績に見合った株価位置に戻っていく。

「仕手」の名前は能の「シテ方」(主役)に由来するとされる。一般に仕手と呼ばれるには市場関係者にその存在が知られ、取次証券の売買手口から「○○筋が動いた」などと認知されるようなものを指す。これはかつての仕手筋が地方や中小の証券を取次にしていたためで、普段はほとんど注文のない弱小証券が突然大量の注文を特定銘柄に集中させ始める事から「主役(シテ)登場」と表現された事による。今日ではネット証券経由による売買注文が中心になっていることから、かつてのような「仕手」は認識されにくい状況にある。

TOB(株式公開買付)に関わる買付価格引き上げ合戦などを仕手戦と呼ぶ事がある。これは合法的なものであるが、いわゆる仕手が活用する風説の流布や株価操縦行為、仮装売買、見せ板などは非合法な取引手法(金融商品取引法違反)であり、市場の公正性と投資家一般の利益を損なうものとして証券取引等監視委員会の取り締まり対象となる。

出典元:Wikipedia

どんな銘柄が狙われやすいの?

仕手化しやすい銘柄には似たような共通点があります。

初心者のうちは、この特徴を避けながら投資をするのが賢明といえますね。
で、その共通点というのが…

  • 一般の人が知らないような会社
  • 発行済株式総数が少ない(浮動株比率が低い)
  • 時価総額が小さい
  • 1株あたりの単価が小さい
  • 空売りができる
  • 空売りができない

などがありますが、順番に説明していきますね。

空売りができる、できないの両方がはいっているのは間違いではありません。種類の違う仕手が寄ってくるのです。

一般の人が知らないような会社

有名な企業はむしろ敬遠されがちです。

というのも、仕手筋は、しばしば狙いをつけた会社の有ること無いことを、掲示板やSNS、その他の媒体を使って風説の流布します(もちろん違法)。

仕入れられる情報が限定された(情報が遮断された)無名の銘柄のほうが、より印象操作しやすいからです。

発行済株式総数や浮動株数が少ない

発行済株式が少ない、浮動株数が少ない銘柄も、ひそかに買い占めを行うのに適しています。

あらかた仕込んだところで、欲に目が眩んだ人が飛びつきそうな偽ニュースを…

時価総額が小さい

発行済株式総数と同じで、時価総額が小さい方が操作しやすいからですね。

人気化しやすく、時価総額も小さいマザーズなどの新興株がターゲットになりやすい印象です。(もちろん東証一部にも仕手はたくさん居ますけどね)

1株あたりの単価が低い

いわゆるクズ株・低位株と呼ばれるような数十円~数百円/1株の銘柄は操作しやすい上、比較的低予算の個人の買いを集めやすいのです。

空売りができる

貸借銘柄で仕掛ける場合は、安く買ってから価格を吊り上げ、現物の利益確定をした後に、今度は任意のタイミングで空売りを仕掛けて大きく下げる。

そしてまた下がったところで買うを繰り返し行われることが多いです。

空売りができない

信用銘柄はその名前とは裏腹に信用売り(空売り)ができません

ですが、現物に加えて信用で買うことはできます。

このような環境下では、最初に仕込んだものが勝者となり、最後に買った人はその後の暴落に巻き込まれるうえ、空売りもできないので暴落のリスクヘッジもできず、最悪の取引になる可能性があります。

どのように株価を操縦するのか

仕手化しやすい条件を満たした銘柄が見向きもされていない株価の時に、ひっそりと株を買って玉を集めていきます。1株あたり単価や、発行済株式総数・時価総額が小さいため、非常に集めやすいことが想像できます。

そうしてある程度の玉が集まったところで見せかけの売買を始めます。このとき掲示板やSNSを使って「注目銘柄が出た」とか、アナリストや新聞などのメディアを使って宣伝されることもあります。

ちょっとしたニュースになれば、インターネットで簡単に情報が拡散され、AIのアルゴリズムが反応し、株価の初動を取りにくる人達が最初に反応します。

 

すると株価は上昇を始め、さらにその動きを察知した人達が続々と株を買いにやってきます。

こうなると買いが買いを呼ぶ状況になって、信用買いを使ってまで買う人が現れます。この時点の購入者は【イナゴ】と揶揄されることがありますが、こうして十分に株価が上がったところで、仕手筋が持っている株式を一気に吐き出します。

 

その後は案の定、株価大暴落なので、最後のほうに高値掴みしてしまった個人は売り時を逃して大損してしまうんです。

このとき空売りが可能な銘柄なら、現物を売るのと同時に思いっきり空売りを仕掛けて、個人投資家が狼狽売り(ろうばいうり)するまで株価を下げようとします。理由は簡単で、空売りは限界まで株価を下げてから買い戻した方が儲かるからです!最悪ですね。(-“-)

 

仕手筋が買い玉を吐き出すタイミングは誰にもわかりませんから、ある種のチキンレースになるわけです。

個人投資家は「下落しても1度上がった銘柄だから大丈夫」と事態を正しく理解していないことが多く、損切りもできずに塩漬けが長期化します。

株価が大きく上がったのは仕手筋が操作したからであり、その銘柄が持つ潜在的な魅力に対してではないところがとても恐いところです。何期決算を経たとしても見向きもされないような銘柄が対象のことも多いですから、結局売り場がやってこないんですね。

法律違反で取締りもある「はず」のに、なぜ無くならないのか?

近年の横行ぶりを見るにつけ、「胴元もグルじゃないのか?」と疑いたくなる異常な取引も多いです。

株の掲示板などを覗けば、ずっとその株を取引している個人投資家の感想や市場の動きを綴った書き込みを見れます。そうすると、「市場価格とは需給で決まる」べきものが「市場価格とは金持ちが自由に決めるもの」という風になっているような気がしてくると思います。

 

とはいえ、非力な個人投資家の正義感だけでは、現在の日本市場を正常な道に戻す事は出来ませんので、どれだけムカつくルールであっても、その中で勝てる方法を見つけなくてはならないのです。

どのように対応していくか

進化論を唱えたダーウィンは、「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に対応できる生き物だ」という考えを示したと言われています。

ダーウィンが本当に言ったかどうかは別にして、「変化に対応する」というのは株式投資において必須のスキルだと思います。

1. 掲示板をみる

ヤフーファイナンスなどの掲示板には、玉石混交(ぎょくせきこんこう)の情報が飛び交っています。

善良な個人のかたも多いと思いますが、仕手筋はまじめに投稿しているひとの言動を注意深く見て、罠を仕掛けてくるのです。

もし、自分の意思の強さを確かめたいなら、掲示板を見ながら取引してみるのもいいかもしれません。壮絶な心理戦にさらされれば、どれだけ自分の意思があいまいであるかがよくわかると思いますよ。

値上がり率デイリーランキング-全市場:株式ランキング - Yahoo!ファイナンス
株式投資に役立つ、国内上場銘柄を対象としたランキング。「値上がり」、「値下がり」、「出来高」など約30種類のランキング情報をデイリー、週次、月次や市場別で掲載。ストップ高や高値更新銘柄も。

2. 空売り情報をみる

空売り情報をみることができるのは、主に機関投資家の動向です。

さらにレポートやコンセンサス、目標株価の変更などのニュースが出ると、大きく株価が動くことがあります。

掲示板を見ていれば、大手の証券会社が目標株価を引き上げるようなレポートを出したのに、自分たちは思い切り空売りしていることがよくあります。

 

あやしいなと思ったら自分の目で確認するクセをつけましょう。

そうすれば、世の中の汚いところもよく見えるようになります。(*^-^*)

karauri.net - 空売り残高情報を検索

3. 仕手化しそうな銘柄には手を出さない

値動き(ボラティリティ)が大きい銘柄は、ぱっと見は非常に魅力的に映ります。

しかし、同時に仕手筋も寄ってくるもので、上昇率・下落率ランキングによく登場する銘柄で取引をするときには注意が必要です。

波に乗るテクニックがないと、危険な取引になりますのでご注意ください。

4. 企業価値がどれだけ割安でもダメなものはダメ

例えば、ファンダメンタルズ分析をしたとしましょう。

その結果、あなたは 株価が割安で企業価値が正しく評価されていない銘柄を100社見つけたとします。

当たり前のことですが、すべての銘柄が正しい評価を受ける事はありません。

 

過剰に評価されるかもしれないし、

過小に評価されるかもしれません。

 

または全く正しい評価がされずに、仕手のおもちゃにされる銘柄だってあります。ダメなものはダメと割り切る決断も大切になります。

日本の株式市場に上場している銘柄数は約3,500程度あります。1つを見切ったとしても、他にも良い銘柄がたくさんあるので、切り替えが早いほど時間や資金を節約できます。

5. 長期投資で勝負する

企業の成長性・将来性などに投資するスタイルならば、時間が味方になってくれます。

つまり、株価が大きく上がる前から株主になるということですので、一番安いところで買える可能性があります。

 

デメリットは、株価がいつ上がるかはわからないことと、その間資金拘束を受けてしまうので資金の回転率が悪くなってしまいます。ファンダメンタルズをしっかり分析して、見過ごされているチャンスを見つけよう。

6. 仕手筋と同じ思考をして、同じように売り買いを行う

現実的に考えると、取締りがザルということは、常に仕手の危険にさらされるという事になります。

完全に安全な取引というものが望めない以上、その他大勢の小口投資家と同じ行動をしては、大口の投資家に勝つすべはほとんどないと言っていいでしょう。

 

そこで、短期でも利益を狙うために、機関や仕手などの大口投資家に追随していくという方法が考えられます。

デメリットは、高度な投資テクニックが必要になるので、たゆみない株取引の勉強と、ザラ場中に十分な時間を取れる投資家でないと、なかなか難しいということです。

デイトレーダーとして生きていくなら、必須のスキルになりますね。

まとめ

株式投資において、100%を仕手を避けながら取引をするのは不可能に近いかもしれません。

十年一昔(じゅうねんひとむかし)といわれていたビジネスサイクルは、現在非常に短くなっていて、昨日まで通用した常識がテクノロジーの進化で明日には全く使い物にならなくなることが当たり前になっています。

 

株式投資においても、常に外部環境が変化するので、過去の成功体験や固定観念にとらわれすぎるのは危険です。

仕手筋だけではなく、AI、システムトレード、機関投資家やHFT…ハイ・フリークエンシー・トレード(通称ハイフリ)1/1000秒単位の凄まじいスピードでの超高速取引などもありますので、どうしても我々個人投資家は、技術的にも資金的にも、弱い立場にあることは間違いありません。

 

ですが不確実性が高い中でも、勝つ可能性が高い取引もあります。

IPOでお金を稼ぐ方法~勝率UP!これで勝てなきゃ株やめろ
IPOとはInitial Public Offeringの略で、将来有望な成長性も期待できる会社がどんどん株式市場に上場してきます。ある方法を使って、IPO投資は非常に低いリスクで大きなリターンを見込めるので、楽しくお金を稼ぎましょう!

自分のスタイルにあった投資方法を見つけることが、投資に勝つ極意だと思いますので、まずは小さくても勝つ確率の高い投資をするように心がけましょう!

コメント