【無料】ウーバーサジェストの正しい使い方~ライバルを丸裸にする禁断のツール

サイト運営
スポンサーリンク


Googleキーワードプランナーを使っている人「あぁSEOキーワードの検索めんどくさいなぁ。もっと簡単にSEOキーワードを抽出できるツールはないのかな…。ついでにライバルサイトの分析も一気にできればいいのになぁ…無料で(笑)」

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

・今までのキーワード探しはもう古い?これからはウーバーサジェストの時代
・ライバルサイトを徹底的に分析してブルーオーシャンKWをみつけるコツ

 

こんにちは としぞうです。

本記事は、キーワード検索やライバルサイト分析が最短2クリック(コピー&ペースト)でできる【ウーバーサジェスト/Ubersuggest】の紹介をしつつ、効果的な使い方を実際の画面を使って詳しく解説していきたいと思います。

 

Googleキーワードプランナーをはじめとする、有料・無料のキーワードツールを横断的に使っている人は、一気に作業効率が上がると思いますので、最後までお付き合い下さいね。(∩´∀`)∩

スポンサーリンク

ウーバーサジェスト/Ubersuggestとは

ウーバーサジェストは無料のキーワードツールで、キーワード単体の検索数はもちろん、組合せキーワードの抽出、キーワード攻略のSEO難易度、当該キーワードをタイトルに使っているライバルサイトのURL、SNSのシェア数、ドメインランク(SERP分析)なども一目でわかるようになっているオンラインSEO対策ツールです。

 

ダウンロード型のツールと違ってPCを圧迫することもありませんし、一部機能使用不可のような利用制限もなく完全に無料で利用できるほか、すでに日本語化にも対応しているので、初心者の方にも比較的やさしいと思います。(執筆時点)

ウーバーサジェスト/Ubersuggestはいいとこどりを集めた便利ツール

ウーバーサジェストを使い始めるまでは、Googleキーワードプランナーやヤフーのキーワードアドバイスツール、aramakijake、SEO難易度チェックツール、goodkeyword、Pandra2、その他…を使って、競合検索、類語検索、SEOの難易度検索など、1つの記事に使うキーワードを選定していました。

 

これがまた時間のかかる作業で、軽く1時間とか使っていましたが、ウーバーサジェストを使い始めてからキーワード抽出にかかる時間は6分の1以下になりました

どれくらい便利か知ってもらうために、キーワード検索の代表的なツール・・・

「Googleキーワードプランナー」の機能と比べてみましょう。

項目ウーバーサジェストキーワードプランナー(有料版)
料金完全無料有料・無料版(一部制限)
ログイン不要必要
検索ボリューム詳細詳細
キーワード候補関連語句のみ関連語句以外も大量に
SERP分析ありなし

GoogleキーワードプランナーやYahoo!キーワードアドバイスツールなどはPPC広告(ペイ・パー・クリック)のために、幅広いキーワードが出てくるように設定されています。

 

たとえば、「トヨタ」と検索すれば、「日産」や「ホンダ」など、検索する人が他に入力しそうなキーワードまですべて抽出してくれます。

これは、PPCでリスティングNGのキーワードに該当しないようにライバル社の名前を使ったりするヒントになりますが、逆にSEOに詰め込みたい関連キーワード(サジェスト)の提案が少ないので、ブログのタイトルに使いたいキーワードの抽出は効率的に行えなかった面があります。

 

ウーバーサジェストはキーワードプランナーのような幅広いキーワードの抽出はできないものの、キーワードプランナーにはない「SERP分析」が可能なので、キーワードを検索するだけで、ロングテールキーワード候補や難易度、競合サイトのURL、タイトル、流入見込み(そのサイトが対象のキーワードでアクセスされる数)も即座にわかります。

 

ブログを上位表示させるために必要な情報がすべて集約されたうえ、無料で手に入る感じ。

だからウーバーサジェストを使いこなして…。

 

いや、ウーバーサジェストを「使い倒して」もらいたい!と思いマス。。。( *´艸`)

スポンサーリンク

【詳細解説】ウーバーサジェスト/Ubersuggestの使い方

とても長いフリになってしまいましたので、ここからはサクサク進めますね。(笑)

 

まずは、ウーバーサジェスト/Ubersuggestにアクセスしてください。同時にブックマークされることを強くおすすめします。

 

公式サイト ウーバーサジェスト/Ubersuggest

 

今回は「トヨタ」を検索してみたいと思います。

 

キーワードを入力すると、キャプチャ認証がありますので(指定の絵を選択して「VERIFY=確認」)適宜進んでください。

検索ボリューム(VOL)

検索ボリュームは、1カ月間に検索されるであろう総数になっています。

(ここでは「トヨタ」というキーワードが1カ月で673,000回検索されるってこと)

 

実際には検索ボリュームの数を、検索上位(1~10位)で分け合うことになるので、できるだけ上位表示されるように良質なコンテンツを作っていくわけです。

検索上位がどれくらいのアクセスを獲得できるかは統計的にわかっていて、1位が22.97%、2位が6.48%、3位4.63%と1位から3位までで約35%もアクセスを持っていきます。

ウーバーサジェストはこう使え!

4位以下は実質的に相当少ないアクセス数しか稼げないため、SEO攻略としては、1~3位のコンテンツ(サイトに書かれている内容)は網羅しつつ、さらにプラスアルファの情報提供しなければいけません。上位表示されているブログを実際に訪れて「これなら勝てる」という確信を持ってから、ページを作り込んでいくと効率がいいです。

SEO難易度(SD)

SEO難易度は、0~100の数字で示され、100に近いほどSEOの難易度は高いということ。

「検索結果トップ20に入る可能性」を「」「」「」などのアイコンがわかりやすく表示してくれるので、まずはここを見てアタリをつけましょう。

 

SEO難易度は低いに越したことはないので、検索数がそこそこありながらも難易度が低い「ブルーオーシャン」のキーワードを見つけるのが目標になりますが、そんなに簡単に見つからないので、難易度「易」か「中」のキーワードで記事を書いていきます。

 

ウーバーサジェストはこう使え!

SEO難易度が「易」と表示されていても、実際にはかなり難しい場合があります。

対象キーワードをクリックすると、ライバルサイトの情報が出るので見てみよう。
SNSシェア数が多いサイトは、「参考」しなければいけないけど、「勝つ」のはとても難しいです。だからSEO難易度だけで取り組むキーワードを決めてはダメ。

有料難易度(CPC)

有料難易度も0~100の数字で示され、100に近いほど難易度は高いということ。

逆に言うと、CPCが高いキーワードで上位表示させることができると、グーグルアドセンスなどで高い広告収入を得られる可能性が高まるので、常に攻略は頭に入れておきたい。

 

ウーバーサジェストはこう使え!

CPCは「お金を払って上位表示させるほどSEOが難しいキーワード」と言い換えることもできるので、最初の内はできるだけ「ビッグキーワード」+「ロングテールキーワード」+「ロングテールキーワード」を組み合わせるようにして、上位表示の記事を増やしてサイトランクをあげていきましょう。

SERP(シープ)分析

画面右半分には、Google SERP(s)キーワードでグーグル検索したときに表示される上位100サイトの「URL」、そのサイトにアクセスされるであろう「流入見込み」「SNSのシェア数」「ドメインスコア」が表示されます。

 

SNSシェア数は「記事の有用さ(人に伝えたくなるくらいのいい情報)」のバロメーターになりますので、どんな記事を書けばシェアされるかなどの、記事作成の参考になります。

 

ドメインスコアに関しては、読み込みできてないことが多々あるので、そんなときにキーワード選定するときは、実際よりも簡単と表示されている可能性がありますので要注意です。

 

ウーバーサジェストはこう使え!

上位表示のサイトを見ることで、サイトの構成や記事の書き方、リンクの張り方などなど学べることは多々あります。SNSシェアが多いサイトほど、上手なサイトといえるので、ガンガン吸収して自分のものにしていきましょう。

ウーバーサジェスト/Ubersuggestはデータの出力もOK

キーワード候補やSERP分析はCSVで保存・閲覧できます。CSVが文字化けするときは以下の記事で簡単に解消できます↓

参考 【最短30秒】CSV文字化け~エクセルで正しく表示されないときの対処法

スポンサーリンク

ウーバーサジェスト/Ubersuggestの本領はここから

ここまではウーバーサジェストの基本的な使い方をご紹介してきましたが、これからもう一歩踏み込んだ使い方について解説したいと思います。

 

先ほど「トヨタ」と入力した、検索1位に来ているURLをクリックしてみましょう。

オーガニックキーワード

 

オーガニックキーワードは検索エンジン(GoogleやYahoo検索)で広告枠を除いた検索結果の部分で、「トヨタ」と検索したときに、結果として1位表示されるために必要なキーワードがこれだけあるってことです。

相当な数の記事中に効率よくキーワードを入れていかないとこんな数字にはなりません。(笑)

さすがはトヨタ!お金がかかってます。

オーガニックトラフィック

オーガニックトラフィックは先ほどのオーガニックキーワードで検索してきた人がアクセスしてきてくれる(トラフィック)可能性がある総数です。

有料キーワード

クリックしたドメイン(○○.com)で出している広告の数。

広告費用

有料キーワードで使った広告費。

 

ウーバーサジェストはこう使え!

普通はこういった情報を知ることが難しいです。お金を払ってまで出したいキーワードには「それ以上のお金を生む」ことが考えられます。

ここを深堀りできれば、一獲千金のチャンスが出てきますね!

トップSEOページ【重要】

トップSEOページはライバルサイトの1ページが、「どんなタイトル」で「どんな記事」を書いて「どれだけの集客をしているか」がハッキリとみることができます。

 

ライバルサイトがたくさん集客しているページを参考に、横展開する思考を身に付けましょう。

SEOキーワード【重要】

ライバルサイトがアクセスを集めているキーワードも丸裸になっています。

検索ボリュームや流入見込みはもちろん、キーワードのポジション(検索順位)も一目瞭然です。

 

ウーバーサジェストはこう使え!

トップSEOページ・SEOキーワードで上位表示されるページよりも良質なものを作れなければ、検索1位になることはできません。

競合が強いとわかったら、サイトの方向性を改めたり、キーワードを変えたり、すっぱり諦めたりして「自分が勝てそうな領域」を見つけましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ぼくは、ウーバーサジェストが出てくる前にこのブログを始めたので、サイトの基本構成をねじ曲げながら今に至っております。

もし、ブログをはじめる前にウーバーサジェストがあれば、もっとスムーズにアクセスが集められたはずなので、「これからネットで稼いでみたい」と考えている人にとってはとてもいい武器になるんじゃないかと思います。

正直これだけの機能を無料公開されるのは「相当痛い」サイト運営者も多いはず。(苦笑)

しかし、後発組のわれわれにとっては「効率よくライバルサイトを分析できる」とてつもなく便利で心強いツールです。

 

今までは有料ツールで長い時間を掛けて分析していましたが、ウーバーサジェストの使い方を覚えればサクッとキーワードを調べて、残りの時間はすべてコンテンツ制作に使うことができます。

 

ぼくも独学でここまでやってきていますが、やっぱり「学ぶ=真似ぶ」ことが成功の最短ルートだと確信しているので、このページを見に来ていただいたからにはガッツリ真似て成功してください!

 

継続は力なりです。

 

それでは また!

コメント