WordPress 5.0のバージョンアップでブログがめちゃくちゃになった件(Cocoon編)

アフィリエイト

みなさんこんにちはとしぞうです。

今回はタイトルにある通り、ワードプレス5.0のバージョンアップで新エディターのGutenberg(グーテンベルグ)がお披露目となりました!

 

あ~。なんか更新たまってるなぁ「更新ボタンポチ~」

 

っと何も考えずにクリックしたところ、

ブログデザインがめちゃくちゃになりました。(現在は修正済み)

これからバージョンアップされる方にも、同じようなトラブル解決に一役買えると思うのでシェアさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

【結論】プラグインを入れれば解決します

結論を先にいいますと、プラグインのクラシックエディターを入れれば解決します。

 

WP管理画面>プラグイン>Classic Editor>今すぐインストール>有効化

 

このプラグインは従来通りの編集画面をそのまま使えるようにするもので、いったん有効化すれば以前のバージョンで作業可能になります。

 

さて、新しいエディターに関するぼく個人の感想をいいますと、「バージョンアップ前のエディターにやっと慣れてきたところでとんでもない変更が来たな…。」というのが正直なところです。^^;

どんな問題が起きたか

ぼくが記事の冒頭で頻繁に使っている吹き出しはプラグインの「テンプレート機能」を使用しておりまして、まだ全プラグインがバージョン5.0に対応していないためか、きちんと表示できない状態になりました。

 

ほかにも影響があったかも知れませんが、新しいバージョンで記事を更新しようとするとエラーが起きまして、デザインが壊れるのはもちろん、更新エラーになってブラウザバックもできず、要するに固まって何もできなくなってしまったんですね。(ToT)/~~~

 

ワードプレスに関してもまだまだ初心者レベルなので、こんな時にチャチャッとCSSをいじくって戻せたらかっこいいんですけど、あいにくそんな技術がないもので…。

 

 

今回はサーバーのバックアップで問題なく対応できましたが、今後も何があるかわからないので、1回/日の自動バックアップ設定はしばらく手放せなさそうです。

アフィリエイト初心者のサーバー選びとは?~見落としてはいけない9つのポイント
サーバー選びで迷っているなら、mixhost(ミックスホスト)がおすすめです。全プランSSDで、ワードプレスの高速表示、SSL対応、万全のバックアップ対応。リスクゼロで10日間の無料体験!かなり魅力的なレンタルサーバーだよ。

今後どのようにしていくか

まずは現在使っているプラグインがバージョン5.0に対応することが必要になると思いますが、そうでなければとんでもない手間を掛けて、新エディターの仕様に合わせていかないとダメかも知れませんね。(―_―)!!ヤダー

 

調べてみると、ワードプレスの大型アップデートはかなり久々のことらしいので、平常運転できるレベルになるまでは、手出し無用かな~って思っています。

 

というのも、つい最近までCocoonの前身であるSimplicity2をカスタマイズしたものを使っていて、そこからCocoonに移行するのもすべて自分で調べながらワチャワチャやって、かなり四苦八苦したところなので、クラシックエディターでいける間はそのままにしておいて、その間に新バージョンに対応できるようにスキルアップもしていきたいですね。

 

もし、「めっちゃいい方法があるよ!」と、なんでも教えてくれる奇特な方がいらっしゃったら是非教えていただけるとありがたいです。(笑)

まとめ

ワードプレス5.0以前に以前に始めた方は、バージョンアップすると不具合が起きる可能性がありますので、

  • バックアップをしっかり取ってからバージョンアップする
  • もし、不具合が出た場合はいったん終了する
  • プラグインのクラシックエディターを入れる
  • 従来通り使える間に、自分のサイトのどの部分が問題か調べる
  • 新エディターへ移行するか考える

という感じで対応していただければと思います。

 

新エディターについても、不評な場合はいろいろなマイナーチェンジが入ることも予想されますし、これがみなさんに受け入れられて標準になるかどうかはわからない部分がありますので、様子見しながらぼちぼちやっていくのが良いような気がしますね。

 

ということでみなさんもお気を付け下さいね。

それでは また!